Apple Watch、かつてなく中国市場を重視か?

150310appletwatch424.jpg

高くてもゴールドがバカ売れ?

いよいよ来月に発売が迫る「Apple Watch」において、もっとも大きなサプライズは、実は中国での同時発売だったりするのかもしれません。これまでiPhoneの発売といえば、なかなか中国では入手できないため、米国や日本の発売行列にまで中国への転売目的とみられる購入者の姿が目立つと伝えられたりもしましたけど……。

今回のアップルの発表会では、まずオープニングで先月オープンしたばかりの中国・杭州の新しいアップルストアが映ったり、Apple Watchでのメッセージングアプリのデモでは、WhatsAppやLINEの存在を脅かしている、中国で大人気のWeChat(微信)の対応アプリを堂々とプレゼンテーションで紹介して、Apple Watchがあれば、スマートフォンを手にすることなくWeChatのメッセージ送受信ができることがアピールされていたりしましたよ。

いままでのように中国市場へは遅れてリリースされるのではなく、予約開始も発売日も、今回は中国と米国、日本で差がありません。ふたを開けてみれば、Apple Watchの最大の売上げは中国ユーザーという展開になったりもするのかな~。

source: True Run Media

(湯木進悟)