一般人には時計に見えないかも。基板むき出しのイカしたバイナリ時計

一般人には時計に見えないかも。基板むき出しのイカしたバイナリ時計 1

Apple Watch? ギークな俺にはこれが良い。

世間がスマートウォッチで沸き立っている中、最高にギークなガジェットを発見しました。Njneerが予約を受け付けている「Binary Watch v 10」は、むき出しの基板に時刻を表すための小さなLEDと、バックル代わりのリボンケーブルを付けたバイナリ時計です

バイナリ時計とは、一般的な1から60までの「60進数」で表示される時計ではなく、2進数で表示されます。巷には2進数を使っていてもまだ解読しやすい「BCD時計」というものもあるみたい。でもこれは時間・分・秒を全て1つの2進数で表す、正真正銘のバイナリ時計なんです。それでも時間の分と秒は60進数なので、混乱すること間違いなし…。

基板やバッテリーがむき出しなので、もちろん耐水性と耐久性はゼロ。むしろショートすると危ないので、屋外で着けるのは止めましょう。真のギークは、あえて家の中でニヤニヤしながら眺めるのがかっこいいんです。

一般人には時計に見えないかも。基板むき出しのイカしたバイナリ時計 2

一般人には時計に見えないかも。基板むき出しのイカしたバイナリ時計 3

カラーバリエーションは2種類。色とりどりのケーブルをふんだんに使用した「マルチカラーバックル」か、グレーのコードを使った「グレーバックル」から選択できます。値段はどちらも45ドル(約5,500円)です。現在予約を受け付けていて、4月20日(月)あたりから出荷し始めるそうですよ。

バックルの種類によって本体の2倍近い値段にはならないので、ご安心ください。

source: Njneer

(徳永智大)