BlackBerry、スライド式キーボードスマホ発表

150303_bbslider.jpg

これが2015年のスライド式

何かと再浮上を試みているBlackberryですが、正方形画面のファブレット「Passport」はさほど売れてないし、物理キーボード搭載の「Typo」を訴えても時間がかかるだけ…と、その努力はなかなか実っていません。でも今回のモバイル・ワールド・コングレス(MWC)で発表された端末は、それなりに手応えがある…かもしれません。それは、最近のトレンドである両サイドがカーブしたスクリーンに、クラシックなスライド式キーボードを合体させた端末です。

BlackBerryはそれを「ザ・スライダー」と呼んでますが、詳細はまだよくわかっていません。端末責任者のRon Louks氏が、ステージ上でサラっとその姿を見せただけでした(ちなみにLouks氏は彼らの目標について「毎年少なくとも1台、普通じゃない端末をリリースすること」と発言してもいます)。

発売時期もわかっていませんが、ともあれ近々、スライド式スマートフォンが欲しければこのBlackBerry端末か、Mozillaの端末かを選べるというわけです。やっぱり物理キーボードのほうがタイピングは快適だし、スライド式なら画面の大きさも確保できるし、多少かさばるとしても欲しい人はいますよね。Sidekickあたりも2015年版が出ないかな~。

Image by BlackBerry

source: BlackBerry

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(miho)