恐らく今世界で最もセキュアな携帯、Blackphone 2

恐らく今世界で最もセキュアな携帯、Blackphone 2 1

使わない余計な機能より、もっと大切な部分を重視したい方に。

「マーケットの主流はセルフィースティックや湾曲ディスプレイなどに注目していますが、私達は全く別の、携帯の持つ根本的な問題の解決を目指しています。それは、プライバシーとセキュリティです。」セキュリティに注目したスマートフォン、Blackphone 2のローンチの際、Silent CircleのMike Janke氏はそう答えました。そして、それは単なる宣伝文句ではありませんでした。デザインに装飾はありませんが、セキュリティを極度に重視した機能が備わっています。

まずはハードウェア。5インチの本体にフルHDのスクリーン(表面はゴリラガラス3で守られています)、プロセッサは64bitのQualcomm Octa-core プロセッサで、3GBのRAMを積んでいます。バッテリーは換装可能な3060mAhバッテリー(Quick Charge機能付き)で、メモリーの拡張用にmicroSDXCに対応しています。ここまではスタンダードと言えますね。

興味深いのはソフトウェアの方で、3GBのRAMが真価を発揮するのはここからです。搭載しているOSはAndroidですが、企業用に特化し、高度なセキュリティを誇るSilent Circle製PrivateOS 1.1がOSの上に位置しています。

独自のUIは「Spaces」と呼ばれ、携帯の各アプリやサービスを個別に区分して暗号化する事が出来ます。これは言わば仮想化システムで、Blackphone 2の内部で仮想のデバイスを複数動作させ、それぞれのアプリやサービスに別々のログインから同時にアクセスできます。例えば、会社の書類やコミュニケーションのためにEnterprise Spaceをセットアップし、プライベートなメールや写真用にPersonal Space、そして携帯そのものの為のシークレットモードとも言うべきSilent Spaceが存在します。

それぞれのSpaceには「Silent Suite」と呼ばれる各種アプリをインストールできます。Silent Text、Silent Contacts、Silent Phoneはコミュニケーションを暗号化し、お互いのSpaceから見えないようにします。またこの携帯からは、世界初のセキュリティ重視のアプリストア、Silent Storeにアクセスする事が出来ます。

この携帯で会議電話をしたい方には、Silent Meeting機能がオススメです。最大50人までセキュアな会議に参加でき、スケジュール管理や招待ツールも含まれています。全員がSilent Meetingを使っているのであれば、暗号化やセキュリティはバックグラウンドで処理されているので、煩わしいパスワードログインは必要ありません。

「私達はBlackBerryに取って代わろうとしています。向こうのCEOはツイッターで色々言ってきているみたいですが、気にはしません。必ず勝って見せますよ。」と、昼食の時にSilent Circleのセキュリティ スペシャリスト(元SEALs隊員)Mike Janke氏は強気に語りました。BlackBerryの調子が調子なのでそこまで大胆な発言ではありませんが、Blackphone 2のセキュリティが宣伝通りなら、BlackBerryの残念なタッチスクリーンスマホが残した大きな穴を埋める事ができるかもしれません。

Blackphone 2はこの夏に発売予定で、お値段は629ドル(約7万5000円)です。

Gerald Lynch - Gizmodo UK[原文

(scheme_a)