誰も見たことない、CDが芸術的に散る瞬間の超スローモーション映像

CDを綺麗に割ったことありますか?

何でもかんでもスローモーションで撮影してレポートするYouTubeチャンネル「The Slow Mo Guys」が今回選んだテーマは、「割れるCD」。

毎分2万3000回で回転するCDが割れる瞬間を、ハイスピードカメラを使って17万fpsで撮影した様子がこちら。1枚のディクスが細かすぎる破片をまき散らしながら、花火のように散っていってる姿は思いもかけないアートな作品。

17万fpsで割れる瞬間が見たい人は、動画の6:00あたりからどうぞ。撮影時間はわずか4秒。撮影したスロー動画を見る時間にかかる時間はなんと7時間半だそうです。気の長い話...。

でもいくら場所を取るからって、CDは割るものではありませんよ。大事に使ってください。

source: Gizmodo SPLOID

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(鴻上洋平)