グーグルの新Chromebookも負けじとUSB Type-Cを乗っけてきた

2015.03.17 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これが次世代ラップトップのスタンダード。

Chromebookといえば、どちらかといえば低価格なモデルが多いのですが、本家のグーグルは別。USB Type-Cを搭載した超本気Chromebookの新型「Chromebook Pixel 2」を新たに発表してきました。新インターフェイス以外もさまざまにパワーアップした本ラップトップ、早速みていきましょう。

Chromebook Pixelといえば初代からその圧倒的な高解像度が特徴でしたが、今モデルも同じく12,85インチ・2560×1700ドットの高解像度ディスプレイを搭載。プロセッサに新型のCore i5や8GBのRAM、32GBのSSD(上位モデルはCore i7、16GBのRAM、64GBのSSD)を搭載するなど、全体的にスペックアップしています。思わず触りたくなるアルミニウムの美しい本体がとっても綺麗です。


150316ngp2.jpg


さらに、高速データ通信から本体の充電にまで使えるオモテウラのない「USB Type-C」を両サイドに搭載。新MacBookでも話題になったUSB Type-Cですが、Chromebook Pixel 2はコイツを2つ搭載することで「ラップトップ本体を充電しながらスマートフォンも同時充電」という技が使えるわけです。

また高速充電に対応した12時間駆動バッテリーを搭載しており、外出先でバッテリー切れで困ることも少なそうです。Chromebookは教育現場で使われることも多いですから、長時間駆動は必須スペックでしょう。またカメラもワイドアングルなものにアップグレードされたとのこと。複数人でのビデオチャットなんかに役立ちそうですね。

Chromebook Pixel 2は日本のストアには登場していませんが、アメリカでは下位モデルが999ドル約12万1000円上位モデルが1299ドル(約15万8000円)で販売されています。Chrome OSの性能を限界まで引き出してくれるChromebook Pixel 2、仕事のお供としてどこまで使えるか確かめてみたいですね。


source: Google via 9to5Google

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 東芝 Toshiba Chromebook 2
  • 東芝(TOSHIBA)
  • 仕事で使える!Chromebook ビジネスマンのクラウド活用ガイド (NextPublishing)
  • 深川 岳志|インプレスR&D
・関連メディア