メッセージを歌って届けるDittyがいろいろと不謹慎

携帯鳴ってこんなのが流れたら未来キターッってなるよね。

「Ditty」は、入力した文章を歌って届けてくれる愉快なアプリちゃん。早期ビルド版にヘンなメッセージを突っ込んで無理やり歌わせてみたら、想像以上に面白かったので動画に撮ってみました。

歌はとりあえずクイーンの「地獄へ道づれ」、ヘンデルの「ハレルヤ」、「大統領万歳」、童謡など30曲揃ってます。

使ってみると本当にまぬけで、最高です。歌に変換する部分はアルゴリズム…つまり機械任せなので、どういう文章を打ち込むとしっかりメロディーに乗るのか、それを考えながらやるのが難しいところですね。あほコンピュータの頭の中とにらめっこで、思ったのと全然違うのが出てきたりもしますが、そのぶん、ドンピシャ当たった時の爽快感は格別です。

[ラインナップ]

1. キャピタル・シティーズの「セイフ・アンド・サウンド」でお届けする彼女からのお別れメール「IT'S OVER. I'M FUCKING WITH YOUR BROTHER」

2. サラ・バレリスの「Brave」でお届けするおばあちゃんの訃報「JUST WANTED TO SAY GRANDMA PASSED AWAY LAST NIGHT」

3. (これはなんだっけ?)でお届けする彼女からの重要なお知らせ「SO I'M FEELING A LITTLE ITCHY AND YOU SHOULD GET TESTED(なんか痒いからあなたも検査受けた方がいいわよ)」

4. ヘンデルの「ハレルヤ」でお届けする愛犬スポット安楽死のお知らせ「WE FINALLY HAD SPOT PUT DOWN LAST NIGHT」

5. One Directionの「Live While We're Young」(?)、The Clashの「I Fought The Law」(?)でお届けする「It's hard but just let's try to pretend we used a condom(コン○ーム使ったんだって思おうぜ)」

6. Cheap Trickの「I want you to want me」でお届けする「I'M TOO HIGH TO DRIVE(ハイ過ぎて運転できね~)」

DittyはフェイスブックのF8カンファレンス基調講演で発表され、iOS版とAndroid版もその直後にリリースされました。フェイスブックは新たにMessengerプラットフォームを立ち上げ、誰でも自社アプリやサービスにMessengerの共有やチャットを組み込めるようになりましたが、DittyはMessenger対応アプリ第1号のひとつ。

歌うメッセージはフェイスブック友だちに一発で送信できるほか、フェイスブック使ってない人も短い動画を生成&ダウンロードして添付したり共有したり好きに使うことができます。

source: Michael Hession、Eric Limer

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文

(satomi)