噂のEVタイタン開発拠点? アップルのダミー会社発見

噂のEVタイタン開発拠点? アップルのダミー会社発見 1

ウソ本当ウソ本当…花占い状態のApple Carですが、ここにきてAppleInsiderが「ガチもガチ、本社のそばに電気自動車を極秘開発中の拠点を見つけちゃったよ!ピース」と騒いでいますよ。

これがその会社「SixtyEight Research」のサイトです。どことなくヨセミテ~な雰囲気を漂わせていますよね。「マーケ会社だよ」という禅問答のような説明と連絡先以外、なんもないです。どこからどう見てもアップル、どこからどう見てもトンネル。

場所はアップル本社所在地クパティーノ市の隣のサニーベール市です。複数の情報筋によると、アップルの名前で輸入すると噂になるので、このトンネル会社の名前を使って車のパーツを輸入し、何やらゴソゴソやっているのだとか。

アップルはこの巨大オフィスコンプレックスに入居してるんですが、「SixtyEight Research」の看板がかかっているのは、アップルが入居してないオフィス空間です。

市の建築許可証を当たってみたところ、現テナントの名義は空欄で(よくある手)、「車1台入るぐらいのシャッターが付いた、窓のないガレージを作る」許可を求めていました。隣のビルの許可証も名義は空欄で、「自動車の作業空間」を建設する許可を求めていたんですね。

SixtyEightは去年3月デラウェア州で法人設立し、同年11月にカリフォルニア州で州外法人として法人事業登録されました。これまでに英国から1957年式フィアット・ムルティプラ600を輸入しています。フィアットといえばジョニー・アイヴも大ファンで、2013年にはProduct(RED)Fiat 600を共同デザインしていますよね。つまり…

アップル→アイヴ→フィアット→600→SixtyEight→アップル電気自動車開発プロジェクト「タイタン」の極秘開発拠点

…という思考回路を辿ってるわけですなあ。

現場の写真はどれもショボい写真で、「どっかの600好きがたまたまアップルのビルのそばにガレージつくるだけなんじゃないの?」と思っちゃいますけどね。実際シリコンバレーには奥さんに隠れてこの手のガレージを借りて高級車を隠し持ってる人が多いし。

ところがこのSixtyEight。入り口に「ロビーは移転しました」という張り紙がペラッと1枚テープで貼り出されていて、その移転先というのがこのオフィスコンプレックス最大のビルであり、 アップルがまるまる借りてるビルなんざます。もしかして決まり?

source: AppleInsider via MacWorld

(satomi)