Facebook、旅客機よりデカい巨大ドローンのテスト飛行に成功

2015.03.27 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150327facebookdrone.jpg


夢は大空へ!

Facebookは、このほどサンフランシスコで開催された開発者向けカンファレンス「F8 Developer Conference」におきまして、新たなビッグプロジェクトを発表しました。目標は、いまだインターネット環境の整わない辺境の地域に住む世界各地の人々へ、ブロードバンド接続を提供することにあるそうです。

F8 Developer Conferenceに登壇した、Facebookの最高技術責任者(CTO)のMike Schroepfer氏は、こんなふうに語っています。

この問題に取り組むべく、Facebookは驚きを誘う革新的なアプローチへと投資している。我々は空へ飛び立とうとしているのだ。これはFacebookが手がけている数多くのイニシアチブの1つにすぎない。

なんとボーイング737よりも翼幅のある巨大なドローン「Aquila」が、英国での初テスト飛行に成功したことが明らかにされています。

Aquilaは非常に大きなドローンであるものの、一般的な自動車1台分の重量よりも軽いんだとか。この設計を活かして、Aquilaは上空6万フィート(約1万8000m)以上の高度に何か月間も滞空。翼に搭載されたソーラーパネルで動力を得つつ、下界に広がるエリアへ高速インターネット接続環境を提供する予定なんだとか。

なお、こうした試みは、いま世界のネット企業がこぞって手がける最先端のプロジェクトでもあるようです。例えば、すでにグーグルは、巨大な気球を打ち上げて、4G LTEスピードに匹敵するWi-Fiシグナルを地上へ発信する「Loon」プロジェクトの実用化の一歩手前まできているとも報じられてきました。

Aquilaは、まだあくまでもプロトタイプにすぎず、これからさらなる改良が進められていく計画が明らかにされています。でも、うまくいけば、今後数年以内に、上空からワイヤレスブロードバンド環境を提供するサービスが、各社から続々と立ち上げられる可能性もありますよね~。


source: Facebook via Mashable

(湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター スカイコントローラーセット (レッド)
  • パロット
  • インターネット白書2015 デジタル社会が加速する (NextPublishing)
  • インプレスR&D
・関連メディア