運転手の目を追うヘッドライトをGMが開発中

運転手の目を追うヘッドライトをGMが開発中 1

これで事故が減るといいですね

車が右や左に曲がる際、曲がった方向にヘッドライトを傾けて視界を照らす車はすでに存在します。しかし、ヨーロッパに拠点を置くGM傘下のオペル/ヴォクスホールは、運転手の見ている方向をトラッキングし、ライトの方向を自動で調節する次世代のヘッドライトシステムを開発しています。

2年をかけて開発されてきたこのシステムは、赤外線センサーを搭載したカメラを使って運転手の顔を一秒間に50回スキャニングし、運転手の見ている方向を観測します。もちろん、ライトが重要になる夕方や夜など光が十分でない状況でも機能するようデザインされています。これらの機能と高速のデータ処理、そして改良されたアクチュエーターがライトを動かす事により、ドライバーの視界とシンクロするようにライトの方向も瞬時に変わっていきます。

運転手の目を追うヘッドライトをGMが開発中 2

しかし人間の目が優れているのは、文字通り目まぐるしいスピードと効率で動き、常に場所から場所へと見る方向を変え続けているからです。だから、もしヘッドライトが忠実に目の動きを追うと、他の車からはせわしないライトショーのように見えてしまうでしょう。そこでGMは、運転手が「何を見ているか」だけでなく、「見ている対象にどれだけ関心があるか」を判断するアルゴリズムを開発しています。

その為、運転手が一瞬標識をチラッと見た程度ではヘッドライトは反応せず、道路をそのまま照らします。しかし、道路の脇にある何かを意識的に見ると、ライトは上下左右にスムーズに動いて、見えない危険や障害物を照らしてくれます。運転手が対向車線の車を見た場合、その車からするとハイビームを当てられて目がくらんでしまうような気もするのですが、車の正面を監視するカメラが前の車を感知してロービームに切り替える事もできるので、その辺も安心なようですね。

この新技術がいつオペルやヴォクスホールの車に搭載されるのかはまだ分かりません。しかし、アイトラッキング機能を実現させるための基礎として、ヘッドライトの技術がこの先18ヶ月以内に公開予定だそうです。

source: GM via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(scheme_a)