Google+が、「Photos」と「Streams」の2種類へサービス分離

Google+が、「Photos」と「Streams」の2種類へサービス分離 1

あ、ということは!

先月写真共有サービスodyseeを買収したと思ったら、Google+に大きな変化が。Google+から、写真機能に特化した「Photos」とソーシャル機能に特化した「Streams」の2サービスが派生誕生することがわかりました。グーグルのプロダクト・バイスプレジデントであるBradley Horowitz氏が、自身のGoogle+のポストにて発表。Horowitz氏が、PhotosとStreamsのどちらのサービスも担当することも明らかにされました。

新サービスというよりも、Google+のサービスを分割させるというこの動きは何なのでしょうか。近々Google+なくなるのでは…というのが世間の予想です。Google+がイマヒトツなのは周知の事実。先週、グーグルのプロダクト・シニア・バイスプレジデントであるSundar Pichai氏も、フォーブス誌にて「Google+1つにフォーカスするのではなく、コミュニケーション、写真、そしてGoogle+という3つの指針で注力していく」と語っていました。

新たな2サービス立ち上げで、Google+のブランドは消えていくのでしょう。少しずつ、しかし確実に溶けて消えてしまうでしょう。グーグルのソーシャルネットワークは、今、失敗に終わり幕を閉じようとしているのかも…。

image: Twin Design / Shutterstock.com

source: Bradley Horowitz via The Verge

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)