さらば、IE…一般ユーザー向けには消える可能性も

2015.03.19 07:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150318iespartanx.jpg


20年の歴史に幕か?

すでにWindows 10向けには、新たな「Spartan」ブラウザの開発が進められていることが明らかにされています。そうなると、これまでマイクロソフトが一貫して提供し続けてきたInternet Explorer(IE)の今後も気になるところですよね。

このほどマイクロソフトが開催した「Microsoft Convergence」カンファレンスにおいて、マーケティングチーフを務めるChris Capossela氏は、懸念されていたIEの展望について発言。早ければWindows 10より、一般ユーザー向けには姿を消す可能性もあることが示唆されていますよ!

Windows 10に搭載されるブラウザに関して、どのようなブランドで、どんなネーミングがふさわしいかの調査を進めている。今後もしばらくは、Internet Explorerは残るだろう。だが、新しいブラウザには「Project Spartan」という開発コード名がつけられているのみなので、この正式な名称を定めなければならない。

こんなふうにCapossela氏は語っているそうです。Microsoft Convergenceの現地取材に赴いた、The Verge記者のTom Warren氏によれば、引き続きIEは、Windows 10のエンタープライズ向けバージョンでの提供を継続予定。とはいえ、一般ユーザー向けにはSpartanなる新ブラウザこそがデフォルトのブラウザとなり、IEを目にすることはほとんどなくなるとのことですね……。当面はIEのサポートを捨てきれないものの、できれば新ブラウザへと早期の一本化を図りたいというのが、マイクロソフトの本音でもあるのかな?

確かに過去には、ネガティブなイメージも強かったInternet Explorer 6(IE6)をめぐって、マイクロソフトは早期のアップグレードを促していたのに、なかなかIE6ユーザーが減らなかった経緯もありました。Windows 10から新ブラウザへの全面移行を進めたいマイクロソフトですけど、そんなに簡単にはIEからの脱却は実現しないのかもしれませんよね。

とはいえ、移り変わりの早いIT業界において、実に20年以上もブラウザとして利用され続けてきたIEの歴史は、その継続年数だけでも偉業だったりするかもしれません。IEとともに覇権を争ったNetscape Navigatorは、早々と姿を消してしまいました。その後に登場してきたFirefoxもChromeも、まだブラウザの歴史としてはIEよりはるかに浅いですしね~。

なお、そのIEを引き継ぐ新ブラウザの名前がSpartan(スパルタン)という可能性は限りなく低いでしょう。日本人にとっては、あの名作ゲーム「スパルタンX」をイメージしてしまうだなんてアクションゲームファンもいらっしゃるかも。IEに匹敵するブラウザには、もっとしっくりとくるネーミングのほうがいいと感じてしまいませんか? まぁ、いずれにせよ、世界がIEと決別するXデーが着々と迫っていることだけは確かなようですね。


source: The Verge

Darren Orf - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブラウザのしくみ
  • 佐藤 信正|技術評論社
  • インターネット白書2015 デジタル社会が加速する (NextPublishing)
  • インプレスR&D
・関連メディア