鍵を回すとフラグが立つIFTTT対応キースイッチ

鍵を回すとフラグが立つIFTTT対応キースイッチ 1

さあさあ、どんなレシピに組み込みましょうか。

ネット家電がお得意なCerevoからネットに繋がる物理鍵こと「Hackey」が発表されました。ドアとかを施錠するものではなく、鍵を回したという事実がIFTTTのthisとなるモノ。キーをかちゃりとひねることで、thatに対応した様々なネットサービスをコントロールできます。

鍵を回すとフラグが立つIFTTT対応キースイッチ 2

例えば「Hackey」を回すとメールが届く(家族が帰宅したことがわかる)、写真をFacebookにアップロードする(画像自動保存の定点観測カメラと組み合わせる)などの使い方ができますし、制御用APIも公開されるとのこと。

キー部分を16mm径のスイッチと交換すれば、16連射/秒でおはようツイート(~15連射だとダルそうなメッセージになる)、モールス信号のSOS入力でお腹減ったポストなどの使い方もできそうです。

鍵を回すとフラグが立つIFTTT対応キースイッチ 3

本体部のLEDをthatで指定することも可能です。Facebookの特定のグループにポストがあった、彼女からのメールが届いたといったようにthisに反応させれば、大事な相手をお待たせすることなく返信できるというものですね。人付き合いって大変ですね。

発売予定時期は2015年夏頃でお値段は$90(約1万円)前後とのこと。いろいろハックしてみたくなりますなー。

source:Cerevo

(武者良太)