これ、売れるんじゃない? iPhone 6cのコンセプトイメージ

これ、売れるんじゃない? iPhone 6cのコンセプトイメージ 1

iPhone 5c、個人的には好きでした。

登場前は「アジア市場での切り札となるか?」と期待されていたけれど、蓋を開ければ鳴かず飛ばずだったiPhone 5c。当の中国ではその後にずっと高価なiPhone 6 Plusが人気になるんですから、マーケティングって難しいものです。

でも、僕は廉価版iPhoneってあってもいいと思うんですよね。iPhone 5cだってポップなデザインや穴あきケースは嫌いじゃありませんでした。ただ、iPhone 5sとたいしてかわらない価格設定が悪かっただけだと思うんです。

これ、売れるんじゃない? iPhone 6cのコンセプトイメージ 2

今回3DFutureが公開したiPhone 6cのコンセプトは「これならイケるんじゃない?」と予感させる、高品質なデザインコンセプトとなっています。ほら、iPhone 6って本体がまるっこくなったじゃないですか。これをプラスチック製のポップなケースに変えても、ほとんど違和感はないと思うんです。

これ、売れるんじゃない? iPhone 6cのコンセプトイメージ 3

ホームボタン周りのアクセントカラーもいい感じ。これ、売ってくれないかなぁ…。SIMフリースマートフォンがだんだん認知されだした日本なら、iPhone 6cには大きなビジネスチャンスはあると思いますよ!

source: 3DFuture

(塚本直樹)