ここまでできる。「iRemocon Wi-Fi」でギズ編集長の自宅をIoTに近づけてみた

Sponsored

150302_iremocon_01.jpg

正直ちょっと驚きました。

何がって、スマホやタブレットと連携して使える学習リモコン「iRemocon Wi-Fi」です。

150302_iremocon_02.jpg

最近「IoT(Internet of Things)」のことで頭がいっぱいのギズ編集長、尾田。いてもたってもいられず、自宅をIoTに近づけるべく、手始めに家電をiPhoneでコントロールするところから始めることにしました。

外出先からも部屋の様子が分かる

150302iremocon01.jpg

導入したのは最新型の「iRemocon Wi-Fi」。こちらはAmazonで購入ができ、文字通り無線でWi-Fiルーターとの接続が可能です。従来はLANケーブルの呪縛があったため、ルーターの近くに置設せざるを得ませんでしたが、こちらはルーターからの電波が届く場所ならどこでも使えます。

150302_iremocon_03.jpg

「iRemocon Wi-Fi」は赤外線タイプのリモコンならばほぼすべて学習が可能です。テレビやエアコン、照明器具もコントロールできます(上の画像はiPadのリモコン画面)。

150302_iremocon_04.jpg

しかも、センサーを内蔵していて、「iRemocon Wi-Fi」を設置している場所の温度や湿度、照度が確認できます外出先からも部屋の状態が分かるので、例えばグラフを見て「熱中症ゾーン」に入っていたら帰宅前にあらかじめエアコンをつけておく、というような使い方ができるのです。

外出先から「iRemocon Wi-Fi」をコントロールするには月額300円でプレミアム会員になる必要がありますが、利便性から考えると課金する価値は大いにありますね。

尾田編集長の自宅にて

150302_iremocon_05.jpg

こちらが尾田編集長の自宅。ワタクシも初めておじゃましたのですが、めっちゃスタイリッシュでした!

ガラステーブルの左端にちょこんと「iRemocon Wi-Fi」が置いてありますね。ここから赤外線が届く範囲にあるものをコントロールしています。

尾田編集長の家では、テレビ、Blu-rayプレーヤー、床の上のルンバ、その右の方にあるヒーター、写真には写っていませんが、2つの照明とエアコンを操作しているそうです。ちなみに…。

150302_iremocon_06.jpg

これだけのリモコンが「iRemocon Wi-Fi」の中に集約されているのです。ありがちな「あれ? リモコンどこいった?」とはオサラバですよ。

150302_iremocon_07.gif

照明の点灯、消灯をiPhoneで行う様子です。もちろんWi-Fi経由なので離れた場所からも同じことができます。

さらに、「iRemocon Wi-Fi」は音声コントロールにも対応。その様子を動画で撮ってみたのですが、これがなかなかスマートな感じなのでぜひご覧ください。

ね? なかなかでしょ? 尾田編集長が毎回「ギズモード」と言っているのは、音声操作を起動するための合い言葉(トリガー)をそれに設定しているからです。

カッコよく「iRemocon Wi-Fi」を使いこなす尾田編集長に感想を聞いてみました。

150302iremocon02.jpg

尾田編集長「仕事柄、こうした“Better Living Through Technology(米国のギズが最近打ち出しているキャッチフレーズ)”なガジェットに触れることは多いのですが、スマートフォンにむかって指令するだけで、『iRemocon Wi-Fi』がテレビ、照明、エアコン、その他いろいろなものをコントロールできるのを目の当たりにすると驚いてしまいますね。テックメディアの編集長がこれではイカン!と思いつつ(笑)」

「特にキーワードは『てれびつける』など、ひらがなで単語を登録するだけなのですが、音声認識の精度が高いことに感心させられました」

まだまだほかにも魅力的な機能が

150302_iremocon_08.jpg

スマホ/タブレットに表示するリモコンのデザインはいくつかのプリセットが用意されているほか、「UIデザイナー」を利用してオリジナルデザインを作ることもできます。自分がよく使うボタンだけ集めて、使いやすくカスタマイズできるのはうれしいですね。

ほかにも「ボタン1つですべての家電を電源オフに」など決まった操作をマクロとして登録しておけたり、タイマー機能でリモコン操作を予約送信できたりもします。

また、GPSに連動させて「自宅に近づいたらエアコンをオン」に、逆に「自宅を離れたら自動的にオフに」なんてことも可能。これで、消し忘れで後悔することもなくなりそうですね。

あと意外とうれしいのが、「iRemocon Wi-Fi」自体がWi-Fiのアクセスポイントとしても機能してくれること。家の中にルーターからの電波をキャッチしにくい場所があっても、中間地点にこれを置けば、そこを経由してネットに接続できたりします。

さらに、「iRemocon Wi-Fi」の有線LANポートにLAN機能のあるテレビなどを接続すると、無線ネットワークに接続することも可能となります。

150302_iremocon_09.jpg

単なる学習リモコンの域を超えて自宅内のネット司令塔的な役割を果たしてくれる「iRemocon Wi-Fi」。まだまだ未来の話だと思っていたIoTが、すごく身近に感じられる1台でした。

「iRemocon Wi-Fi」は現在、Amazonで購入が可能です。一足先に未来を感じて見ませんか?

source: iRemocon Wi-Fi

(奥旅男)