LGが700mAhの最強バッテリーなスマートウォッチを開発

LGが700mAhの最強バッテリーなスマートウォッチを開発 1

時計なんだから、持ってなんぼや!

スマートウォッチにイマイチ乗り気じゃない人たちの1番の懸念点は何かというと、そのバッテリー保ちの短さ。充電は毎日必要、持つものでも数日に1度は必要という現状では、どうも盛り上がれない人も多いはず。そこで、やってやろうじゃないかと立ち上がったのがLG。LGが開発中のスマートウォッチWatch Urbane LTEは、何よりもバッテリー持ちが目玉です。

Watch Urbaneは、LGがすでに発表した最新スマートウォッチモデル。しかし、バッテリーで注目すべきなのはこのLTEモデルです。使用されているOSは、Android Wearではなく、LG独自のWearable Platform OS。心拍モニターにNFC搭載、もちろんスポーツ機能もついています。その名の通りLTEにも対応。

電話受信、テキストメッセージのやりとりなどの基本機能ももちろんあり。そこにどーんと乗っているのが、700mAhのバッテリー他のスマートウォッチと比べ約2倍と、大きな差をつけています。正直、名前のせいでわかりにくい扱いになっていると思います。改名したほうがいいのでは…。

LGが700mAhの最強バッテリーなスマートウォッチを開発 2

バッテリー以外の特筆すべき点として挙げられるのが、パニックボタン機能。ウォッチの側面にある3つ目のボタンを押すと、あらかじめ設定しておいた緊急連絡先へと電話をかけ、ユーザーの位置情報を知らせる仕組みになっています。

価格や発売時期などを含め詳細はまだまだわかりませんが、スマートウォッチ界においてバッテリーの革命者となるのでは、と期待しておきます。

Sean Buckley - Gizmodo US[原文

(そうこ)