MS、新ブラウザーにはIEエンジンを完全非搭載と発表

150318iespartanx.jpg

本当にオサラバなんですね……。

マイクロソフトは、Internet Explorer (IE)をゆっくりと世の中から姿を消していく方向性に定めつつあることは確かとされていましたよね。

このほど、マイクロソフトはシリコンバレーで、新ブラウザーをめぐるワークショップを開催。同時に、開発者向けブログ「IEBlog」にて、新ブラウザーでは、IEとは完全に異なるレンダリングエンジン「Edge」のみが搭載されると発表! 当初はProject Spartanにも、IE互換のレンダリングエンジンTrident(MSHTML)がデュアル搭載されるとされていました。

Project Spartanこそが、マイクロソフトの将来を担う存在である。Windows 10では、Project Spartanが全バージョンデフォルトのブラウザーとして設定され、新たな独特のユーザーエクスペリエンスを提供するものとなるだろう。

こんなふうにマイクロソフトは発表しています。なお、一部のバージョンのWindows 10には、引き続きWindows 7やWindows 8.1向けと変わらないInternet Explorer 11(IE11)をバンドル予定。とはいえ、どうしてもレガシーなウェブサイトの閲覧をキープしたいといった、エンタープライズ向けのオプション設定での想定利用のみにとどまるんだとか。

すでにマイクロソフトは、Windows Insidersなどを通じて、限定的に新ブラウザーのテスト提供を実施中。そのフィードバックをもとに、今回の新ブラウザーへのIE互換レンダリングエンジンの非搭載を決定したとしています。新ブラウザーでは、TridentエンジンとEdgeエンジンを自由に切り替えられる仕様が採用されていたようなのですが、ほとんどの開発者がEdgeエンジンを好んで選択したとされています。わざわざTridentエンジンを選ばなければ閲覧できないサイトは非常に限られ、Tridentエンジンとの完全なる決別という結論に達したとのことですね。

マイクロソフトがWindows 10で新提供するブラウザーが、どこまで優れたパフォーマンスを発揮するのかは、いまだに未知数の部分も多いでしょう。とはいえ、ChromeやFirefoxなどとも堂々と勝負できる、モダンな高速ブラウザーの新しい選択肢が登場したのは楽しいところですよね~。

source: IEBlog

(湯木進悟)