どうやって渡るの…? ロンドンの橋のコンペに集まった奇抜なデザイン

どうやって渡るの…?  ロンドンの橋のコンペに集まった奇抜なデザイン 1

「奇抜さを競ってるんじゃないよね?」と思わず聞きたくなるようなデザインがズラリ。

これは、ワンズワース・ロンドン特別区のナイン・エルムズとピムリコを結ぶ、歩行者用の橋のデザインコンペに応募されたものです。現在までに87の応募があり、その中から選りすぐりのクレイジー…もとい、エッジーなデザインをお見せしましょう。

どうやって渡るの…?  ロンドンの橋のコンペに集まった奇抜なデザイン 2

どうやって渡るの…?  ロンドンの橋のコンペに集まった奇抜なデザイン 3

どうやって渡るの…?  ロンドンの橋のコンペに集まった奇抜なデザイン 4

どうやって渡るの…?  ロンドンの橋のコンペに集まった奇抜なデザイン 5

どうやって渡るの…?  ロンドンの橋のコンペに集まった奇抜なデザイン 6

どうやって渡るの…?  ロンドンの橋のコンペに集まった奇抜なデザイン 7

どうやって渡るの…?  ロンドンの橋のコンペに集まった奇抜なデザイン 8

どうやって渡るの…?  ロンドンの橋のコンペに集まった奇抜なデザイン 9

今のところ、素材や費用の詳細は明らかにされないまま、デザインだけが公開されています。自転車でのアクセスにも重点を置いており、だからこそ多くの照明を使うこともデザインに求められているそうです。予算は一応6,500万ドル(約78億円)らしいのですが、どれも本当に実現可能なのですかね?

source: NE Bridge Competition

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(的野裕子)