NYお洒落エリアに残るおんぼろビル、改装前の貴重な姿

NYお洒落エリアに残るおんぼろビル、改装前の貴重な姿 1

消えていく、昔のバワリー。

東京でもニューヨークでも、都会の小洒落た街並みの中に「何でここだけ!?」と思うような古い汚い、でも味のある建物がたまに残っているものです。ニューヨークはソーホーのはずれにある「190 Bowery」もそのひとつ。6階建て72部屋の建物はかつて銀行でしたが、今その外観はまるで紛争地域にでもあるかのように崩れかけ、スプレーで描かれた落書きに覆われています。そしてその中がどうなっているか、今までほとんど誰も知らず、不動産業者でも空き家だと思っているほどでした。

Animal New YorkのエディターであるBucky Turco氏が、この190 Boweryを3日間かけて撮影し、公開しています。190 Boweryが売却され、その歴史的価値の高い内装がリノベートされてしまうことがわかったからです。

最近までこの建物を所有していた写真家のジェイ・メゼル氏は、1966年にここを120,000ドル(約1,200万円)で購入しました。当時のバワリーは今のようにお洒落ではなく小汚いエリアで、不動産価格も下がっていたんです。でもそれから約50年、バワリーは変わっていきました。不動産業者がメゼル氏に買い取りをオファーするようになりましたが、彼はそれを断り続けました。画家のロイ・リキテンスタインがここの1フロアを借りたり、外壁にキース・ヘリングがチョークで絵を描いたりしている間、不動産価値はどんどん上昇していきました。そしてついにメゼル氏は今年、その3万5000平方フィート(約3,250平方m)の建物を55,000,000ドル(約66億円)で売却したんです。今その歴史的建造物は、ますます小ぎれいに変わっていく周辺地域と同じ運命をたどろうとしています。

メゼル氏はプライバシーを重んじる芸術家肌の人で、この建物の内部の写真はごくわずかしか公開されていません。New York誌で2008年、かつてメゼル氏が創刊号の表紙写真を撮った縁からか、190 Bowery内部の撮影に成功したくらいです。その記事によると、メゼル氏はここを投資目的で買ったわけではなく、ただ家族と一緒に住むために購入し、住み続けてきただけだったそうです。

なのでTurco氏が今190 Boweryの姿を捉えられたのは、ほとんど奇跡的です。Turco氏は、間もなくリノベートされてしまう建物の最後の姿を、そこにしれっと入って撮ってきたんです。以下はTurco氏による動画です。

ただクレイジーなのは、Turco氏が不動産業者に雇われた風を装ってそこに入って行き、警備員に気づかれてつまみ出されるまで3日間も通い続けてたってことです。以下にその戦果の一部をご紹介します。

NYお洒落エリアに残るおんぼろビル、改装前の貴重な姿 2

Turco氏いわく、1階のホールは銀行のロビーというよりは昔の体育館のようです。部屋の中央には登山用ロープが下がっています。

NYお洒落エリアに残るおんぼろビル、改装前の貴重な姿 3

銀行だった頃からの真鍮の装飾が、このメールシュートとかこちらのドアノブとか、全体的にそのまま残っています。

NYお洒落エリアに残るおんぼろビル、改装前の貴重な姿 4

元銀行なので地下金庫も残っていて、これまでメゼル氏の作品が保管されていました。監禁部屋にもなりそう?

NYお洒落エリアに残るおんぼろビル、改装前の貴重な姿 5

ロイ・リキテンスタインは最初の妻と離婚した後、この4階の部屋を借りてスタジオにしていました。彼は1970年代半ばに別の女性と再婚したのですが、彼女はここでリキテンスタインが古い気に入らない作品を切り裂いているのを発見しました。「夫はその作品をどこかから出してきて、切り刻んでいたんです」と彼女は振り返っています。

NYお洒落エリアに残るおんぼろビル、改装前の貴重な姿 6

かつては華麗だったであろう2階への階段が、この建物では一番傷んでいます。その天井部分は一見豪華な装飾ですが、表面ははがれ、ガラス部分には汚れがたまっています。

Animal New Yorkには、この超レアな190 Boweryの写真がもっとたくさんあります。もしマンハッタンのダウンタウンに行く機会があれば、バワリー・ストリートとスプリング・ストリートの角の古い建物に行って、中を見せてもらえるか聞いてみましょう。うっかりした警備員さんが入れてくれる…かも?

image by Bucky Turco

source: Animal New York

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(miho)