Photoshop匠の技、どの街がマッシュアップされているかわかりますか?

Colosseum,National Kasumigaoka Stadium(2014)

馴染みすぎて普通のようにも。でも、見れば見るほど異空間。

Photoshopが登場して25年。画像加工の表現手法は出尽くした感もあります。しかし、写真家P.M.Kenさんの作品を見れば、まだまだ無限の可能性を持ったツールなんだなと刺激されることうけ合いです。

写真展「crosspoint 2015」は、海外の街と東京のシティスケープをデジタルカメラで収め合成を施し、まったく新しい風景写真として再生したもの。

日本と世界各地とがシームレスになり、異文化が結合する都市景観には、ボーダーレスな仮想社会へ現実が追いついたような奇妙な安堵感があります。

Photoshop匠の技、どの街がマッシュアップされているかわかりますか? 1
Bund/Shanghai, Bashamichi/Yokohama(2014)

Photoshop匠の技、どの街がマッシュアップされているかわかりますか? 2
Piccadilly Circus/London, Shibuya/Tokyo(2015)

Photoshop匠の技、どの街がマッシュアップされているかわかりますか? 3
Carnegie Hall/NYC, Hibiya Kokaido/Tokyo(2015)

©P.M.Ken

本展は、P.M.Ken氏にとって約3年ぶりとなる個展であり、前回もギズモードではフィーチャーさせて頂いております。しかし、作品はナマで見てナンボのもの。会期は、3月11日(水)まで。この週末に訪れてみてはいかがでしょう?

【開催概要】

タイトル : P.M.Ken crosspoint 2015

会期 : 開催中~ 3月11日(水)

開館時間 : 11:00~19:00 最終日のみ~18:00 木曜休廊

【会場・問い合わせ先】

GALLERY SPEAK FOR

150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR 2F

T.03-5459-6385 F.03-5459-6386

開廊時間:11AM-7PM 最終日のみ6PMまで 

休廊:毎週木曜日・年末年始

http://www.galleryspeakfor.com/

ちなみに、いち早くMacとフォトショップを駆使した合成写真に取り組み「VOGUE」「SPUR」などの雑誌や、LOUIS VUITTON、Diorなどの広告、その他海外アーティストのミュージックビジュアルなど多方面で活躍するP.M.Ken氏。そのネーミングの由来は何でしょう? 答えはぜひ会場でご本人に質問してもらえればと。

source: PMKEN.COM, GALLERY SPEAK FOR

(尾田和実)