Apple Watchが売れないワケない、だってアップルだもん

Apple Watchが売れないワケない、だってアップルだもん 1

今日はすごい日になりそう。本日(日本時間10日午前2時)アップルの新製品発表会「Spring Forward」で、アップル初のウェアラブル「Apple Watch」が出ると言われています。

だいたい発表前というのは、今までのデバイスが登場した時と同じように、いろいろなことが言われるものです。そのデバイスがどんなにダメかとか、どんなに成功するかとか、はたまたその中間とか。

実際、2010年にiPadが初めてリリースされた時もそうでした。その時も、iPadについて本当にたくさんの憶測が飛び交って、なんでタブレットが必要なの?ポケットの中にiPhoneがあるのに、と思っている人が大多数でした。でも、私たちはみんな間違っていましたよね。私たちが予想できなかったこと、それは、iPadというデバイスが未来永劫コンピューターの姿を変えてしまったことだったから。

Apple Watchが売れないワケない、だってアップルだもん 2
2010年、初代iPadを発表するスティーブ・ジョブス

大きいタッチスクリーンのデバイスから、キーボードを取っ払った時、誰も予想しなかったことが起こりました。消費者にとってみれば、その大きいタッチスクリーンによって、コンテンツとの新しい触れ合い方を持てるようになったし、ビジネス目線でいえば、お客さんとタッチとスワイプで一緒にコミュニケーションを取れるようになりました。iPadというのは、ラップトップでできないことを実現したんですよね。2012年のCITCworldではこのように書かれています。

iPadの使いやすさとエレガンスさ、そして人気。それも、3年間に1億台以上をも売り上げたという人気が、消費者がソフトウェアにどのように関わっていくかを企業のソフトウェア設計者に考え直させる機会を与えたのだ。

Apple Watchを手に入れた時にも同じようなことが起こると考えられます。Apple Watchがモバイルデバイスとの関わり方を劇的に変化させるものかもしれないのです。今現在、スマホはすごく注力して見るのに、時計は少ししか見ないですよね。それってiPadが働き方を変えたり、iPhoneが電話の在り方を変えた時と似ています。

Apple Watchが売れないワケない、だってアップルだもん 3

先週、MWC(Mobile World Congress)では、キャリアや時計メーカーからスマートウォッチがたくさん発表されました。でも、大衆の心をわしづかみにするものは何もなかったと言えるかもしれません。こういった各企業のスマートウォッチが成功を収めることができないのであれば、アップルもできないと考える人もいるでしょう。TechRadarはさらに、Apple Watchのことを「誰も必要としない素晴らしい商品」とも呼んでいます。

その見方って、MP3プレイヤーとか、スマホやタブレットの時と一緒です。でも、歴史的に見ると、アップルがそういったデバイスに興味を示したら、大衆もほぼほぼ興味を向けて来ましたよね。Apple Watchがヒットするかそうでないかは現段階ではわからないけれど、Appleが本気を出せば大衆を引き寄せる力があるかも、という疑いの目を向ける価値はあります。

TechCrunchのJohn Biggsは、Apple Watchの初月売上が100万本にも及ぶと予想しています。これは現在のスマートウォッチ市場で1位のサムスンが累計販売数80万本であるのに対してとてつもない数字のように思えます。しかし、決して大胆な予測ではないのです。なんてったってアップルが前四半期で売り上げたiPhone台数は約7500万台ですから、もしiPhoneを買った人たちの10%がApple Watchを買ったとしたら、それだけで750万台です。

Apple Watchが売れないワケない、だってアップルだもん 4
iPhone5発売時、ニューヨークのアップルストア前

そしてなによりも…ここ何年も、クレイジーで、異常なまでの忠誠心を見せてきたアップルユーザーたち、最新のアップルデバイスを一番最初にゲットするために何日も前から並ぶような人たちのことを考えてみてくださいよ! この人たちの中にはApple Watchを買う人が何割かいるだろうってことくらい予測できますよね。そう考えてみると、数百万台のスマートウォッチを売れるアップルのマーケットはすでに存在しているのです。

もちろん、この予測をばかにする人もいるだろうし、いつかはアップルも失敗する時があって、それがApple Watchだという人もいるでしょう。でも、アップルはそういうことが起こり得る大きいマーケットを持っているのは事実です。

アップルの次なる成功を祈りつつ、本日の発表会を待ちましょう。

source: TechCrunch

(前田真希子)