ドバイに「未来美術館」が建設? 建物からしてすでに未来

さすがのドバイ。

ネタ元のArch Dailyによれば、ドバイの街に「未来美術館」なるものを作ろうという計画があるそうで。未来がつまった、未来を感じる、未来のための未来美術館。ホログラムに、ロボット、3Dプリンターで制作された部屋、廊下、そしてシアター。オープンは2017年を予定。

Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum首相は、この1億3600万ドル(約165億円)の美術館プロジェクトについて、「革新的なラボと未来を永続的に展示する」とその構想を語っています。動画にあるのは、この美術館の建物となるコンセプトアート。実に奇抜なデザインでこれぞ未来ってな感じ。動画を見るとわかりますけれど、丸く大きく開いている部分には、ホログラムでさまざまな映像が映し出されます。

今、私たちが考えていることは、2017年の世界では「まだ未来」なのか、「すでに現実」なのか…。

source: Arch Daily

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(そうこ)