株主総会で相次ぐ質問! アップルの次なる狙い、テスラ買収はあるか?

140723Tesla1.jpg

「Apple Watch」の次は「iCar」しかない!

アップルが、独自の次世代自動車を開発しているのでは? このところ、そんなが立て続けに飛び交っていましたよね。そもそも亡きスティーブ・ジョブズの最大の願いだったなんて話まで流れていましたし……。

米国時間10日に開催されたアップルの株主総会の席で興味深い話が出てきました。あのスポーティーな電気自動車ラインナップで成功を収めているテスラ・モーターズ買収について株主からのリクエストが相次いだのです。アップルが革新的な自動車開発に乗り出すには手っ取り早い戦略なのでしょうね。

現時点ではアップルとテスラの間に提携関係がまったくない。テスラには「CarPlay」の採用を願いたい。あらゆる主要な自動車メーカーブランドに対して、アップルはCarPlayの採用を強く勧めているところであり、もしかするとテスラは答えに応じてくれるかもしれない。

株主総会でテスラ買収の件に話がおよぶと、ティム・クックCEOが、必ずアップルのCarPlay戦略について語るというお決まりのパターンが繰り返されました。「こうやって質問をそらすのはよいことかな?」と会場の笑いを誘う応対が続いていましたよ。なにかアップルは隠しているのかな? そんなふうにとらえた人も少なくなかったんだとか。

141111_elonmusknet.jpg
テスラCEOのイーロン・マスク

ちなみに、当のテスラ・モーターズのイーロン・マスクCEOは、実は過去にアップルの買収担当ヘッドであるAdrian Perica氏からアプローチを受けたことがあると、インタビューで語ったことがありますよ!

ただし、その同じインタビューのなかで、同氏はこのように語っています。「私自身としては、買収に関するオファーにはまったく興味がありません。そのオファーをもちかける相手がだれであろうと、テスラの究極の目標である革新的な大衆向け電気自動車の開発というタスクに専念することを阻まれるようなことはしたくないからです」これは暗に、アップルからの買収話には応じるつもりがないとの意思を表明していたようにも思えますね。

150222napplecar.jpg
画像は「iCar」のイメージ

なお、先ほどのアップルの株主総会では、そもそもアップルにはテスラ・モーターズを買収するに足る、十分なキャッシュがあるのではないかという指摘も飛び出していました。多くの株主は、Apple Watchの次なる成長戦略で、次世代自動車開発を進めるためにも、テスラの買収を選択肢とするように願っているのでしょうね。

アップルは過去15か月の間に23の企業を買収してきた。アップルは買収交渉を可能な限り目立たない方法で進めてきたし、その主な目的は優れた人材の発掘にあった。

こんなふうに、再びアップルのティム・クックCEO自らが株主からの問いに答えていましたよ。本当は水面下でテスラとの交渉が進んでいたりもするのかな? 最終的な正式発表までは、あまり物事を表立てては進めたくないというアップルの意向表明にもみえますし、テスラの創業者であるイーロン・マスク氏の応諾が得られるかどうかにかかっているという意味にもとれそうですよね。

なにはともあれ、ユーザーの気持ちとしては、次はアップルによるiCarの発表がいつ行なわれるのか、それが楽しみでたまらないというところなんでしょうけど。でも、アップルのトップとテスラのトップ、両雄並び立たずに終わってしまう可能性も高かったりするのでしょうか?

source: The Verge

(湯木進悟)