スティーブ・ジョブズはなぜ、ティム・クックの肝臓を拒否したか

スティーブ・ジョブズはなぜ、ティム・クックの肝臓を拒否したか 1

そこにはジョブズの生き方がありました。

すい臓癌は、数ある癌のなかでもきわめて予後が悪いことが知られる病気です。そんな病にアップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズが気付いたのはiPodが発売された2年後の2003年のこと。しかし、ジョブズがその治療のための手術を行なったのは9カ月後のことでした。そして療養のために仕事を休み、アップルの社員たちにすい臓に悪性腫瘍が見つかったことを告白しました。

その後、ジョブズは仕事に復帰。iPhoneやMacBook Airといったアップルを代表するクリエイティブな製品を次々と発表し、世間を席巻していきます。しかし一度は回復したかに見えた病状は次第に悪化。2009年には5カ月の休暇を取り、臓器移植手術を受けます(このことはほとんどの社員には公表されませんでした)。そしてまたアップルへ戻ってくるのですが、2011年の初め、再びジョブズはアップルを離れます。この頃からついに末期癌であるという噂がささやかれ始め、嘘であってほしいと願う人々の思いもむなしく、10月5日、56歳でこの世を去ります。すい臓から転移した癌が原因でした。

徐々に病に侵されていくジョブスをアップル社員たちはかなり心配していたのではないでしょうか。ジョブズは社員には自分の病状をあまり公表したがらなかったそうですから、なおさら…。

3月24日(現地時間)に発売される予定の新しいスティーブ・ジョブズの伝記「Becoming Steve Jobs」では、今まで公表されなかったある社員との闘病中のエピソードが公開されているそうです。

その社員とは他ならぬ、ジョブズ亡き後のCEOとしてアップルを支えているティム・クック。彼は、ジョブズが癌に侵されつつあると知ってから、血液検査を受けました。そして自分が、ジョブズと同じ珍しいタイプの血液型を持っている、つまり自分の肝臓の一部をジョブズに移植できるという事実を知ったのです。肝臓なら自己再生する能力がありますし、成功例も多い。クックにとってもこれはリスクの低い手術となるはずでした。

そして彼は、療養中のジョブズの家を訪れます。そのときのことをこう振り返っています。

即座に彼は断ったんです。もうほとんど、僕がその言葉(ドナーの申し出)を口にする前にです。「だめだ、君がそんなことをするのは許さない。私は絶対に手術なんてしない」と。

クックはジョブズが自分に気を使っているのだと思い、手術のリスクは低いこと、移植に関するメディカル検査を受けたことなどを説明しましたが、彼の返答は変わりませんでした。「私は絶対にやらないんだ!」とジョブズは怒鳴ったといいます。そしてこれは、彼がクックに対して過去13年間で数回しか怒鳴ったことのないうちの1回だったと。

実は、2003年に最初にすい臓癌だと診断されたとき、すぐに手術すればジョブズは十分治る見込みがあったと言われています。それでも9カ月も手術を拒んだ理由を彼は、「自分の体を切開されたくないんだ。そんな風に侵害されたくはなかった」とのちに後悔とともに語っています。これまで自分の力で不可能を可能に変えてきたジョブズだからどうにかなる、どうにかしたいと思ってしまったのかもしれません。だからこそ、友人のティム・クックの申し出も受け入れることができなかったのでしょう。

スティーブ・ジョブズはなぜ、ティム・クックの肝臓を拒否したか 2

今でもアップル本社のジョブズの部屋は、ネームプレートさえも手つかずのまま残されているそうです。

先日のアップルの発表会ではさまざまな新製品が発表されましたが、真っ先に発表されたのは、先進医療の研究を助けるための「ResearchKit」でした。ジョブズを救うことができなかった。そんな思いが、アップルのヘルスケア路線を強く後押ししているのかもしれません。

source: Fast Company

(斎藤真琴)