スノーモービルで空を飛ぶ人

きっと魔法のせいだ。

スノーモービルで空を飛ぶ、なんてジェームズ・ボンドかサンタクロースならできちゃいそうだけど、それをまさか実際にやっちゃう人がフィンランドにいました。200kg以上の重さのあるスノーモービルに、パラグライダーを合体させ、崖から走り落ちるのはスタントチームのAntti Pendikainenさん。

ノコギリで部品を切っていたり、ダクトテープで接合していたり、「空飛ぶソリ」なんて名前のつけられた改造スノーモービルを見ているとなんだか心配になってきますが、1.5kmの高さの崖から走りだし…飛んだっ!

ちゃんと飛んでます! 滞空時間も2分ほど。まさに空飛ぶソリです。下の動画は未編集の動画で、離陸(? )から着陸までの様子をヘルメット視点でご覧になれます。

飛んでいるPendikainenさんはプロのスタントチームに所属していますし、サンタクロースの国フィンランドの人だからきっと空飛ぶ魔法とかも使ってるに違いありません。危ないのでスノーモービルとパラグライダーどちらも持っているからといって真似したりしないでくださいね!

Casey Chan - Gizmodo US[原文

(abcxyz)