アイアンマンが少年に3Dプリントの義手をお届け!

やっぱスターは画になるわ…

映画「アイアンマン」のトニー・スタークことロバート・ダウニー・Jrが、生まれつき腕の一部がない7歳の少年アレックスに、アイアンマンのボディスーツそっくりの義手を手渡しました。

実際には、こんな素敵なことをやってのけたのは、大学生のアルバート・マネロだったりします。マネロは3Dプリンタを使って低価格の義手や義足を作り、世界中の子どもに寄付しているのです。

今回の義手のプレゼントは、マネロも参加するマイクロソフトの「The Collective Project」の一環。マネロがスーパーヒーロー好きの少年に義手をプレゼントするという話を聞きつけたリーダーが、ロバート・ダウニー・Jrにプレゼンテーターをお願いしたというわけ。アメリカは、こういうときはここぞとばかりに粋なことしますよね。リアルな世界までエンタメな国だわ。

Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

(的野裕子)