シンセ人たちは何を目指すのか? 「ナニワのシンセ界」日本初シンセ・ドキュメンタリー映画がDVD化

シンセ人たちは何を目指すのか? 「ナニワのシンセ界」日本初シンセ・ドキュメンタリー映画がDVD化 1

最近じわじわと人気が再発している楽器、それがアナログシンセ。

コルグがDIYシンセ「Synth Kit」を開発したと思ったら、Moogがキース・エマーソンが愛用した伝説的なハードシンセ「System 55」と「System 35」を復刻するなど、楽器好きや電子工作、DIY好きの間でシンセの注目度が高まっています。

シンセ人たちは何を目指すのか? 「ナニワのシンセ界」日本初シンセ・ドキュメンタリー映画がDVD化 2

その勢いのまま市民権を拡大しているシンセの世界に迫った、日本で初めてシンセサイザーのドキュメンタリー映画「ナニワのシンセ界〜The New World of Synthesizer in Osaka」のDVD発売が決定しました。

昨年、限定的に上映されたこの映画は、これまでスポットライトを浴びることのなかったシンセマニアの世界に注目し、特に大阪にあるシンセの聖地、通称「シンセ界」から生まれるシンセ文化やキーパーソンを紹介するという徹底したマニアックな仕上がり。

シンセ人たちは何を目指すのか? 「ナニワのシンセ界」日本初シンセ・ドキュメンタリー映画がDVD化 3

出演者は、大阪のアナログシンセ・メーカー「REON(レオン)」代表で、MOOGシンセを完全自作するほどのシンセオタク荒川さん、「シンセ女子」として活躍するアイドルRisaさん、さらにはシンセ蕎麦屋「電気蕎麦」の店主など、いろいろな形でシーンに関わってくるシンセマニアに迫る映画なのです。

シンセ人たちは何を目指すのか? 「ナニワのシンセ界」日本初シンセ・ドキュメンタリー映画がDVD化 4

本編の上映にはクラウドファンディングのCampfireで資金を集めたことも話題に。上映や関連イベントはSNSサイトをチェックしてみてくださいね。監督の大須賀淳さんは現在、第二弾を制作中とのこと。

発売日は3月27日。現在は制作を担当した「スタジオねこやなぎ」のサイトで受付けを開始しています。

ギズモードでも上映会やりたいなあ。

source: 「ナニワのシンセ界〜The New World of Synthesizer in Osaka」スタジオねこやなぎ

(鴻上洋平)