あのショットガンを真っ二つ。内部構造を紹介する動画

ゴッドファーザー、トランスフォーマー、ダーティハリーでコレ見て、ポンプ引くリロード動作で遊んだ人も多いはず。

ウィンチェスター社製「M12(旧称M1912)」は史上最も広く使われたポンプアクション式散弾銃のひとつ。同社初のハンマー(撃鉄)内蔵式(その前のM1897はハンマー露出式)で、最初は20ゲージのみでしたが、12、16、28ゲージと様々な口径が登場し、半世紀以上に渡って計200万挺近く作られました。

動画では銃販売サイト「MidwayUSA」創業者の Larry Potterfieldさんが、ニコニコニコ~っとM12を真っ二つに割って中の仕組みを紹介してますよ。

前半はM12の分解シーンです。バレル(銃身)のマガジンチューブの先にあるロックピンを外し、90度回して前にスライド。マレルアセンブリ(銃身部)を回すと、レシーバー(機関部)からカタッと外れます。次にレシーバーからトリガーガード(用心金)を外し、インジェクターを引っ張り出し、カートリッジカットアウトなんかも取り出してバラし、真っ二つにキーンと切断。パーツごとに色を塗り分けて準備完了です。

中を見せながらのデモは後半3:17から。下の丸い安全装置を外してトリガー(赤)を引くと、ハンマー(黄)が開放され右の赤いのにカッコーンと当たって弾が発射されます。続くシーンでは、使用済みの弾がポンと出て、次の弾薬が装填されるポンプアクションのメカニカルなサイクルがよ~くわかりますよ。

M12は1964年に大量生産が幕引きした後も、ウィンチェスター、米リピーティングアームズ、日本のミロクでコレクターズアイテムが製造され、2006年に工場が閉鎖するまで95年間作られ続けたロングセラーアイテムです。

Omar Kardoudi - Gizmodo SPLOID[原文

(satomi)