アップルが特許申請、何もないところを叩くキーボード

150310_newtrackpad_1.jpg

今月発表された新キーボードのその先へ。

米国特許商標庁にアップルが提出したとある特許が、未来のMacBookに搭載されるのではと話題になっています。そのキーボードはキーのないキーを叩くもの。キーボードにはキーボード独特の感覚があります。キーを叩いて、指に伝わる感覚があります。押した、押し返された、その感覚です。この感覚が好みのキーボードや使いやすさに関わってくるわけです。が、アップルが考えているのは、キーのないキーボード。つまり、何もない=凹凸のない=押せない面を叩くものです。しかし、キーボードの肝である「叩く」感覚はほしい。そこで採用されているのが、ハプティックフィードバック(触れる感覚)技術を使った「Taptics」と呼ばれるもの。これは、センサーと電磁気モーターを使い、何もない表面を叩いているのにキーボードのように「叩いた」「押した」「クリックした」と脳に錯覚させるもの。MacBookのFource Touchトラックパッドや、Apple Watchのタッチスクリーンにも似たような技術が使われています。

特許次第では、実用化しだいでは、このTapticsキーボード採用で、より軽いMacBookが登場する可能性は十分。噂では、次世代iPhoneにもFouce Touchが採用されるのではという話もあります。

source: Digital Trends

(そうこ)