最近よく聞く「クリーンエネルギー」。意外なあの国も本腰入れ始めた

Mugendai

最近よく聞く「クリーンエネルギー」。意外なあの国も本腰入れ始めた 1

急激に経済成長するインドを支えるテクノロジーのお話。

インドはIT先進国として知られています。子どもの頃には二桁どうしの掛け算をマスターし、プログラミングの授業もあるそうです。インド人のIT企業への進出は目覚ましく、日本でも西葛西周辺はIT企業に働くインド人が多く住んでいることも知られていますよね。しかし、その一方で、社会インフラの面ではまだまだ後進国。いまだに電気のない生活をしている人は4億人にのぼると言われているのです。

そこで発足したのが「Bharat Light & Power(BLP)」。BLPは再生可能エネルギーの発電を行うインド最大の企業です。太陽光・風力・水力・バイオマスなど、多岐にわたる発電技術で電力供給を行っています。

最近よく聞く「クリーンエネルギー」。意外なあの国も本腰入れ始めた 2

しかし、インドの電力需要というのは急激に増え続けており、次の5年の間には今よりも100GWhの需要が増えると試算されています。どれくらいだと思いますか? 日本の一般家庭の平均年間消費電力量が3,600kWhだとすると、約30,000戸分の年間消費電力量に相当する分が増えると言われているのです!

そのため、BLPでも再生可能エネルギーによる新たな電力供給が急務となっているのです。そこで、IBMの最新技術によって、生産効率を向上させているほか、安全な運用を行なっているんだそうですよ。IBMの最新のクラウド技術については無限大(mugendai)に詳しく載っていますので、見てみてくださいね。

image by Shutterstock

source: 無限大(mugendai)

(前田真希子)