イスラム国、ターゲットの米兵個人情報をネット掲載

イスラム国、ターゲットの米兵個人情報をネット掲載 1

高度なハッカーチームも養成中?

世界で過激なテロ行為に走っているイスラム国(IS)が、新たな戦略を披露してきましたよ。イスラム国のハッキング部門を称する団体は、インターネット上に100名を超える米兵の詳細な個人情報を掲載。米国内のイスラム国サポーターへ、ターゲットを定めた米兵の殺害をよびかけているそうです!

なお、この事件を受けて、FBIや国防総省は調査を実施中。イスラム国は、米軍のサーバー内へと侵入し、米兵に関する個人情報を盗み出したと主張しています。しかしながら、実際には、すでにSNS(ソーシャルネットワーク)や他の一般的な住所検索サイトなどに公開されている情報を寄せ集め、いかにも機密情報を入手したかのように装っている可能性も高いんだとか。

いずれにせよ、イスラム国には高い技術力を誇るメディア戦略部隊があり、オンラインでの宣伝や攻撃を強化しようとしていることは否定できないでしょう。今回の米兵個人情報の暴露事件が、さらなる悲劇を生むことがないように願います……。

source: New York Times

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)