もしもライターの火が超キュートなモンスターだったら?

ライターの火が噛み付いてきた!

小憎らしくもキュートなアニメーションを作っているのは、拡張現実アーティストのMarty Cooperさん。もちろん本物の火は噛み付いたりなんかしないけど、なんとなく私たちの頭の中で「もし生きていたらこんな感じかなぁ」というイメージ上のパーソナリティーを絶妙に描いているのが彼の作品の魅力です。下の動画から彼のアニメーション作品、Aug(de)mented Realityシリーズのパート3を見ることができますのでどうぞ! 現実のなんでもない生活にキュートなモンスターがやってくるとこうなります。

ちなみにわたし的お気に入りは、キッチンのスポンジアボカドのバスケットボール選手、怖がりすぎのカボチャです。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(SHIORI)