オポチュニティが火星マラソンで見た風景

オポチュニティが火星マラソンで見た風景 1

火星探査機オポチュニティが、先日フルマラソンの距離を11年かけて走りきったことが話題となりました。誰からも声援をおくられることなく、コツコツと11年走り続けたオポチュニティ。どんな、マラソンコースでどんな風景の中を走っていたのでしょう。

上の写真は、火星のエンデバー・クレーターの淵からオポチュニティが撮影したもの。火星フルマラソンコースの一部となったエリアです。寂しいけれど、美しい風景ですね。

ネタ元のNASAリンクで、大きな画像を見ることができます。

image by NASA/JPL-Caltech/Cornell Univ./Arizona State Univ

source: NASA

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)