ルービック・キューブを解いて操作するシーケンサー

ここまで頭を使うシーケンサーは未だかつてない?

専用にプログラムしたソフトウェアとカメラ、そしてちょっとした音楽の知識があれば、カスタマイズした16個のルービック・キューブを使ってシーケンサーを作る事ができるんです。とは言っても、動画でたまに見る、ルービック・キューブを数秒で解けるような人でない限り、ライブの現場で使う事は難しそうですが。

Rubik's Cube Sequencerを開発したのはスウェーデンのHåkan Lidbo氏、Per-Olov Jernberg氏、そしてRomeo Brahasteanu氏です。彼らはキューブの6色それぞれの僅かなブロックを残してそれ以外を全て黒にし、色ごとに違うサウンドをソフトウェアで割り当てました。

ルービック・キューブを解いて操作するシーケンサー 1

4X4のグリッド上に置かれたキューブで構成された曲は、キューブを入れ替えるとリアルタイムで更新され、またキューブ自体を回してコンビネーションを変える事で様々なパターンを作り出す事ができます。オリジナルのルービック・キューブと違って、殆どが黒いこのキューブに完成形は存在しないので、キューブを解く事より聴ける曲を作る事に専念した方が良さそうです。

source: HÅKAN LIDBO AUDIO INDUSTRIES via Create Digital Music

Andrew Liszewski - Gizmodo TOYLAND[原文

(scheme_a)