巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです?

Sponsored

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 1

一瞬、5人組男性アイドルグループのテレビ番組かと思いました。

それくらい大規模で、遊び心があって、なんでこんなことに情熱とお金を…。イントロのクレーン撮影なんてハリウッド映画並みですよ。

でも絶対見たくなる。そんな動画がPanasonicの公式チャンネルに登場しました。

巨大倉庫で一体何が始まるのか!?

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 2

中2階にセッティングされた音響システムから1階へカメラがパンすると、そこには14本の巨大レーンが。

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 3

どうやら、ハンドベルみたいなものを取り付けているようです。

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 4

かなりたくさんのハンドベルが用意されていますが、なぜでしょうね?

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 5

触ったらハンドベルが鳴る、そんな仕組みのようです。

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 6

真っ白なレーンにいるのは、1台のロボット掃除機。今回の主役でしょうか? このロボット掃除機、三角形のおにぎり型で、なんとも愛嬌のある形をしていると思いませんか?

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 7

このロボット掃除機は隅々までお掃除できるのが特徴みたい。この隅にハンドベルが仕掛けられているのが、この動画のポイントになりそうな予感です。

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 8

ロボット掃除機がハンドベルにつながった紙を吸い込むことで、ハンドベルがチーンとなる仕掛けとなっているようですね!

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 9

ん? ちょっとまって…めっちゃいる! お掃除ロボットがめっちゃいる! 14本のレーンに1台ずつ、そしてそれらの先にはハンドベルの装置が仕掛けられています…。

よーくみてみると、それぞれのレーンもちょっと違いがありますね。時間差でハンドベルが鳴るのでしょうか…ということは…?

ロボット掃除機が奏でる音楽?

実はこれ、ロボット掃除機14台が一斉に動き、結果的にある曲の完奏を目指す巨大装置なんです。だからもちろん、動きを完全に制御できるものでも、狙って規則的に音を出せるものでもありません。

動画製作の舞台裏とは?

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 10

それぞれ個別にゴミやホコリを認識して動いているわけですから、舞台裏は壮絶だった模様です。

このロボット掃除機は高精度なセンサーを搭載しており、その挙動の把握は簡単かと思いつつも、14台を一斉にスタートさせ曲を演奏させるので、微妙にタイミングがズレそうなハラハラする展開になっています。

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 11

何度もシミュレーション、走行テストを行ったものの、撮影現場にて、ロボット掃除機開発者、制作スタッフが検証・協議を重ね、急遽、セットを全面的に再設計・再セットする場面もあったそうです。

これだけの規模の映像を一発撮りしたってんですから、すんごく緊張感が伝わりますよね?

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 12

やっと音が鳴るようになったのはいいんですが、ロボット掃除機の掃除性能に合わせて、ハンドベルの接触装置の精度をmm単位で微調整したり、スタートを合わせるため14台一斉に走らせるスイッチをその場で組み立てたりと、さまざまなアクシデントを乗り越え、約72時間にも及ぶ撮影の末に完成させたのがこの動画なんです。

本日の演奏者、「RULO(ルーロ)」とは?

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 13

で、今回、主役となったのがパナソニックのロボット掃除機、「RULO(ルーロ)」。三角形の体で部屋の隅々までお掃除できるのが特徴です。実はこの形、「ルーローの三角形」といって、運動学の父と呼ばれる19世紀のドイツの機械工学者「フランツ・ルーロー」が開発した定幅図形なんです。

それで「RULO(ルーロ)」、納得ですよね?

巨大なセットに14本のレーン、ソコにいるのはロボット掃除機。いったい何が始まるんです? 14

RULO(ルーロ)」はコンパクトな形状なので、狭い場所でもスムーズかつ180mmのワイドな幅の吸い込み口で、ゴミをガンガン吸ってくれます。ハウスダスト発見センサー付きで、搭載されたマイナスイオンプレートがフローリングを拭き掃除までしてくれるってんだから驚きです。

こんなにデキるロボット掃除機だからこそ、ついつい音楽を奏でさせちゃう思いも、なんだか分かってきました。自宅に「RULO(ルーロ)」がきたら、こんな音楽のように華麗にお掃除ができちゃうかもしれませんね。

source: Panasonic , RULO(ルーロ) , the sound of RULO

(ホシデトモタカ)