史上最高・最速? その通りでした。乗り換えてみて感じたWiMAX 2+のヤバさとは

2015.03.25 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20150325uqwimax12.jpg


万歳、WiMAX 2+バンザイ!

ギズモード編集部員が狂気乱舞したUQ WiMAXの「ギガヤバ革命」。話題のWiMAX 2+とは一体どれほどの速さなのか。「ヤ倍速」ってどんだけヤバイのか。止まらぬ妄想に加え、WiMAXからWiMAX 2+への乗り換えは「史上最大のタダ替え大作戦」によって契約解除料、登録料、機器代金ぜ〜んぶタダときているのだから落ち着きません。そんな、そわそわギズモード編集部が早速WiMAX 2+の威力を体験してみましたよ!


20150325uqwimax05.jpg


「使いたかった、使ってみたかったんだよ」とニヤニヤしながら手に入れた「WX01」を見つめる松葉。仕事そっちのけでPC片手にデスクを離れて行きました。

WiMAX史上最速のスピードを体験できるんだからさ。今すぐ繋いでみないと」。それでは早速と言わんばかりに、職場でWiMAX 2+に繋げてみる松葉。ギズモード編集部は渋谷からほど近い神泉という駅のそばにあります。比較的大きめのビルの6階です。


20150325uqwimax08.jpg


前面に付いている電源ボタンを押して「WX01」を起動させます。


20150325uqwimax17.jpg


2.4GHzと5GHz帯(屋内、屋外)の3つの無線LANに対応している「WX01」。まずは5GHz帯(屋内)モードに設定して、ギズモード・ジャパンを見てみました。


20150325uqwimax09.jpg


は、はえぇぇえっ!! まさに「ヤ倍速」、脅威のスピード。ページ読み込みがサクッと終わりました。もちろん「WX01」はUSBでの接続にも対応しているのですが、その場合、無線接続よりもさらに速度が出ます。どこまで速いんだっ!


20150325uqwimax18.jpg


「接続スピードもさることながら、ルーター自体の形もいいな」。松葉が言うように今回貸してもらった「WX01」、約97gと軽くて、厚さ9mmのスリムなボディ。モバイルバッテリーなどガジェットをたくさん持ち運ぶ松葉にとって、かさばらないスッキリとしたデザインは嬉しいポイントのようです。


20150325uqwimax10.jpg


続いては屋外で使ってみることに。取材や打ち合わせが立て込むと、屋外でも仕事をする松葉にとって、渋谷駅周辺でのノマドワークは日常茶飯事です。5GHz帯(屋外)モードに切り替えて、WiMAX 2+の力を最大限に引き出します。

モードの切り替えは、専用のスマホアプリ(iOS / Androidの両方に対応)からも簡単に行えます。本体の起動もアプリからリモートで行えるので、「WX01」はバッグの中に入れっぱなしでもOK。使い勝手抜群です。


20150325uqwimax11.jpg


やはり屋外でも安定したスピードを発揮。「WiMAXを初めて使った時も驚いたけど、WiMAX 2+は段違いだね。容量重めの資料が送られてきても、待ち時間少なくダウンロードできちゃうから仕事のスピードが全然変わってくる」とご満悦の様子。


20150325uqwimax12.jpg


テンション上がりすぎて、思わずスクランブル交差点でバンザイの松葉。WiMAX 2+関連になるとやけにバンザイしてるな、そういえば。


20150325uqwimax13.jpg


最後に、松葉が原稿を書いていて煮詰まった時、気分を変えるために訪れる「LIL' RIRE CAFE」でもテスト。

「あっ、ここでもWiMAX 2+に接続できてる。もう広い範囲で接続できるみたい」。それもそのはず、WiMAX 2+が利用できる範囲は史上最速で拡大中。従来のWiMAXが全国に利用範囲を広げるのに約5年を要しましたが、WiMAX 2+は1年半で全国に設置。この春にはWiMAX並みにエリアが拡大しているそう。都内はほぼカバー済みです。「WX01」ならWiMAX 2+エリアでソッコー下り最大220Mbpsの恩恵が受けられますよ。


20150325uqwimax14.jpg


「それにギガ放題プランだと月額4,380円でデータ量を気にすることなく、この速さを満喫できるのってほんと凄いな。コストパフォーマンスが高すぎるよ」。ここでも小さくバンザイの松葉。もうちょっと他のリアクションがあってもいいだろう。

日もどっぷり暮れたの関わらず、カフェで引き続き仕事をしていく松葉。ここまで「WX01」の充電は一度もしていません。なぜなら「WX01」の連続通信時間はWiMAX 2+使用時(省電力モード)で約8.6時間の長時間駆動。Bluetoothテザリングでの接続もできるのですが、その場合だと約10時間もバッテリーが持ちます。別売りの専用クレードルを使えば、充電しながら利用できるので自宅回線としても使えそうです。

接続スピードが速く、スマートなボディでかさばらない。スマホからリモート操作もできて、しかもバッテリー持ちも抜群。まさにWiMAX史上最高と呼ぶにふさわしい「WX01」ですが、冒頭にも書いたとおりWiMAXユーザーならタダでもらえるんです。

もう一度いいますよ。タダなんです。


150319_UQ_02.jpg


繰り返しになりますが、「史上最大のタダ替え大作戦」に申し込めば、契約解除料、登録料、機器代金がすべてタダ。また「WX01」だけでなく、同じく下り最大220Mbpsの通信速度に対応している「W01」や、WiMAX 2+対応ホームルーター「URoad-Home2+」なども対象機種となっています。

しかも3月31日までなら3,000円分の商品券がプレゼントされるキャンペーンも展開中。

そこまでしてもらってすみません…という気持ちにもなってきますが、今が乗り換えの大チャンスであることは間違いありません。もちろん、新規加入者にとっても下り最大220Mbpsは魅力の環境です。

さぁどうします? 迷う必要はないですよね。今すぐUQ WiMAXのサイトから申し込むか、近くの家電量販店へ飛び込むかして「ヤ倍速」を体験しちゃってください!


source: UQ WiMAX

(奥旅男)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア