レノボも新発売…Windows Phoneが盛り上がってきたぞ!

レノボも新発売…Windows Phoneが盛り上がってきたぞ! 1

意外なる巻き返し?

残念ながら、日本国内で簡単には購入できないWindows Phone……。でも、iPhoneでもAndroidスマートフォンでもないユニークなスマホがほしい人だっているはずです。それに、Microsoft Officeなどとの親和性の高さから、少なからぬビジネスユーザーは注目しているんですよね。もっとWindows Phoneのラインナップが増えて、いろいろと自由に選べるようにならないものかな~。

そんな願いがかなう日が着々と近づいてきているようです。すでにマウスコンピューターが、SIMロックフリーの独自開発モデルの近日発売をアナウンス。おまけに、格安スマホの先駆けとなった、MVNOサービスのフリモバを提供するfreetelまで、Windows Phone 8.1をOSに搭載した新モデルの国内発売を明らかにしています。

ただもうちょっとビッグなブランドメーカーにも参入を期待したいところではありますよね? と思いきや、マイクロソフトは、新たなWindows Phoneのパートナーとしてレノボが加わったことを正式発表! まずは今年後半より、China MobileからレノボのWindows Phoneスマートフォンが発売されるとの噂まで流れていますよ。

レノボのWindows Phone開発計画は、マイクロソフトが中国の深センで今月開催したWindows Hardware Engineering Community(WinHEC)カンファレンスにて公表。すでに次期OSのWindows 10の発売が今夏に迫っているため、このタイミングで、わざわざレノボがWindows Phone 8.1ベースのモデルを発売してくるのかどうかは定かではありません。もしかすると、Windows 10のリリースと同時に、新たなThinkPadブランドでWindowsスマートフォンが登場してきたりして?

ちなみに上の写真は、レノボが、インテルのAtom Z2580プロセッサーを採用して発売したことで話題になった、Androidスマートフォンの「K900」です。金属ボディのスリムデザインによる高級な質感から、海外で好調な売行きを記録する人気モデルにもなったんだとか。そんなレノボが全力で手がけてくるWindows Phoneのデザインには期待したいところですね。

いずれにせよ、このところにわかにWindows Phoneが各地で盛り上がってきているのは大いに楽しみです。WinHECの会場では、中国最大のスマートフォンメーカーとなるXiaomi(小米科技)も、Windows Phoneの開発パートナーとして名乗りをあげていました。こちらは、AndroidスマートフォンにWindows 10ベースのROMフラッシュできてしまう斬新なアプローチに興味をそそられますけど、Windows Phoneの新モデルを発売する展開すら予想されます。まだまだこの流れには他社も追随してくるかもしれませんよね。

source: The Verge

(湯木進悟)