ちゃんと戻ってくるのかしら…。「ドローンお遣い」が試せる期間限定ストアがオープン

ちゃんと戻ってくるのかしら…。「ドローンお遣い」が試せる期間限定ストアがオープン 1

未来のお店では、ドローンがショッピングを手伝ってくれるのかも。

アマゾンが狙っているドローンの商業利用。それに対してアメリカでは着々と法律の整備が行われており、法案の第1弾が発表されて物議を醸しています。

ただ日本にいると、ドローンを知っている人自体が多くないのも事実です。商業利用なんてまだ先の話だよ…と思っているそこのアナタ。日本でもドローンを使ったショッピングが体験できちゃうんですよ。

この黄緑色をしたドローンは、クロックスの新しいタウンスニーカー「norlin(ノーリン)」の軽さを表現するイベント「空中ストア flying norlin project」用に作られたもの。

開発者に話を伺ったところ、既存のドローンをカスタマイズしたのではなく、全て自作したのだそうです。しかもドローンの動きは全て自動制御されています。誰かがコントローラーで動かしているわけではありません。お好みのシューズの色をiPadでタップするとドローンが飛び立つので、あとは見ているだけ。その間ドローンはシューズを取りに行き、ドローン下部に取り付けられたアーム状の磁石を使ってシューズをキャッチ。そのままネットの上まで運んでくるとシューズを放し、また発着位置へと戻っていくわけです。寸分の狂いもなくやってのけるなんて、賢すぎるだろ!

この自動制御された一連の動きは、ミリ単位で取得した位置情報の活用と、これまた自作で作られた制御用ボードによって実現しているのだそうです。

ちゃんと戻ってくるのかしら…。「ドローンお遣い」が試せる期間限定ストアがオープン 2

シューズが並んだ巨大なアクリル台に取り付けられた、「OptiTrack Prime 17W」というモーションキャプチャカメラ

ちゃんと戻ってくるのかしら…。「ドローンお遣い」が試せる期間限定ストアがオープン 3

そして、三次元トラッキングソフトウェア「Motive:Tracker」を使ってアクリル台の空間を細かく座標解析していきます。この展示では、どのルートをドローンが飛ぶか、あらかじめ9つの座標をプログラムして通過するコースを設計しておくそうです。

ちゃんと戻ってくるのかしら…。「ドローンお遣い」が試せる期間限定ストアがオープン 4

ドローンの下部に取り付けられた制御用ボード。こちらへWiFiを使って飛行ルートや各ポイントで行うアクション(シューズを取る、または放す)を伝えているのだそう。ドローンが意図しない場所に飛んでいってしまえば、重大な事故につながりかねませんからね。ボタン一押しで簡単に動いたように思えた裏側では、安全性を十二分に考慮した綿密な設計と開発がなされていますね。

実際に目の前でドローンの動きを見たところ、フワフワと空中で漂っている姿はどこか頼りない印象で、ちゃんと持ってきてくれるんだろうか…と心配してしまうほど。でもドローンがシューズをキャッチして、正確にネットの上へシューズを放した瞬間は思わず「おぉ!」と唸ってしまいました。なんでしょう、思わずドローンを撫でたくなるこの気持ち。

そんな我が子のお遣いを眺めているような気分すら味わえる、未来のショッピング「空中ストア flying norlin project」は東京ミッドタウンで開催中、入場は無料です。

イベント概要

● 名称:空中ストア flying norlin project

● 公式サイト:http://www.crocs-norlin.com/

● 開催期間:2015年3月5日(木)から8日(日)

● 開催時間:午前11時から午後8時まで ※8日(日)は19時まで

● 場所:東京ミッドタウン アトリウム

● 内容:自動制御されたドローンによるスニーカー運搬の実演

● 入場料:無料

source: クロックス・ジャパン

(和保皓介)