西武鉄道100周年、そのお祝いは黄色い6000系

西武鉄道100周年、そのお祝いは黄色い6000系 1

記念すべき西武カラー

西武鉄道は、池袋線の前身である武蔵野鉄道「池袋〜飯能駅間」の開業から2015年4月15日(水)でめでたく100周年! その記念すべき100年目の運行を記念して、「黄色い6000系電車」(6057編成)を運行するとのこと。

西武鉄道100周年、そのお祝いは黄色い6000系 2

こちらがもともとの6000系。現行車両はシルバーボディに青ラインというカラー(一部車両はホワイトフェイス)ですが、期間中はいつもとは違うレアなカラーが見られるというわけですね。でも、なぜ黄色に?というと、西武鉄道の中で黄色い電車は人気が高いのだとか。

西武鉄道が初めて黄色の車両を導入したのは1969年(昭和44年)。西武秩父線開業に合わせて登場した、「101系」が第一号の黄色カラーの車両であるようです。西武鉄道の公式ページでは、運行・運用している電車を確認できますが、そちらを見るとまだ40台が保有されていて、多摩川線・多摩湖線ワンマン運転区間で主に運行しているみたいですよ。いまだ現役というのが凄い!

西武鉄道100周年、そのお祝いは黄色い6000系 3

他にも黄色車両としては1977年に登場した2000系(現役)、1983年に登場した3000系(引退)、1993年に登場した9000系(現役)などがあるようです。なるほど、西武=黄色。なんですね。

西武鉄道100周年、そのお祝いは黄色い6000系 4

そんな「西部カラー」とも言うべき黄色に染まった6000系、運行期間は2015年4月18日(土)〜2016年3月を予定しており、運行区間は池袋線(池袋〜飯能駅間)、西武有楽町線、狭山線、東京メトロ有楽町線・副都心線、東急東横線、横浜高速みなとみらい線となります。ただし、日によって運転時刻、運行区間が異なり、運用の都合上運転しない日もあるとのことなのでご了承を!

ちなみに、スタートする4月18日(土)は臨時電車1本の運転を予定。詳細は西武鉄道のサイトで後日発表されるとのこと。

乗りたい方、撮りたい方は定期的に公式サイトをチェックしておきましょうね!

source: 西武鉄道

(小暮ひさのり)