米国でリベンジポルノ初の実刑判決、投稿サイト管理者に懲役18年

米国でリベンジポルノ初の実刑判決、投稿サイト管理者に懲役18年 1

日本は「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」らしいけど、アメリカそんなもんじゃないっす!

リベンジポルノ画像を晒すサイトを運営していた男に金曜、アメリカで初めて実刑判決が下りました。結果は懲役18年弱。恐喝、身元暴露まで込み込みなこともあり、想像以上に重いものとなりました。

男はサンディエゴ在住Kevin Christopher Bollaert容疑者、28歳。ヌード写真と身元特定情報を当人たちの合意なしに公開するサイトを運用した疑いで2013年12月に逮捕され、恐喝6件、個人情報窃盗21件の容疑で起訴され、今年2月には有罪判決が下っていました。

金曜に刑期が言い渡されたわけですが、カマラ・ハリス州検事総長は声明の中でこのように語っています。

パソコンの影に隠れてコソコソと犯罪行為を働けば法や刑務所を逃れられると思ったら大間違いよ。今後もこのような卑劣な振る舞いをする輩には目を光らせ、しかるべき捜査を行い、起訴していく構えです。

別れた元恋人の性的写真を匿名で投稿できるリベンジポルノのサイトは数多ありますが、同容疑者のサイト「Ugotposted.com」は被害者のフルネーム、住所、年齢、Facebookのリンクまで晒し、現実のいじめを誘発するという、悪質極まりないものでした。

被害者が堪りかねて苦情を言ってくると、今度は別のサイト「Changemyreputation.com(名誉回復)」に誘導し、「そっちで300~350ドル払えば画像は削除してやる」とゆする二段構え。これで広告収入とは別に計3万ドル(約360万円)もの金銭を受け取っていた模様です。

「本日の判決は、オンラインで被害者を搾取して利益を貪る輩には重刑が待っていることを明確に示したものだ」と、検事総長は言っていますよ。

source: SF Gate

(satomi)