テスラモーターズの次なる革新は「バッテリー」、4月30日発表

テスラモーターズの次なる革新は「バッテリー」、4月30日発表 1

エネルギー革命となるか。

テスラのイーロン・マスクCEOは、4月30日にある発表を行う予定です。が、それは電気自動車とかロケットとかの話じゃありません。彼らが世に出そうとしているのはバッテリー、それも家庭用のみならず、「発電所規模」のものまで含んでいるようです。いずれも米国ネバダ州にあるテスラの巨大工場で製造される予定です。

マスク氏は今までSNSで何回か、バッテリーの登場を予告してきました。

そして今テスラ社としても、公式にその存在を認めています。

「我々は30日の発表について、少し情報共有することにしました」とテスラのIR担当バイスプレジデント、Jeff Evanson 氏はメッセージの中で書いている。「我々はテスラの家庭用バッテリーと、非常に大きい発電所規模のバッテリーを発表します。我々のソリューションの優位性についてと、なぜ従来のバッテリーに魅力がなかったのかをご説明する予定です。」

テスラの家庭用バッテリーはクリーンエネルギー産業を大きく変えるとも言われます。太陽発電への需要も高まっていますが、それを補完する低コストな代替手段になると見られています。マスク氏はすでに2020年までに車50万台分のバッテリーを生産すると宣言しているので、そこに家庭用バッテリーが加わるのは順当な拡張と言えます。でも興味深いのはさらに発電所規模のものまで作ると言っていることです。テスラはすでに電気自動車市場を変革しつつありますが、これでエネルギーの未来も変えることができるでしょうか?

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(miho)