全長600キロ。冬限定、氷でできたハイウェイ

全長600キロ。冬限定、氷でできたハイウェイ 1

70トントラックも走れる、氷の道路。

カナダの北西部には金やダイヤモンドが採れる鉱山がたくさんあるのですが、1年のうちほとんどの期間は飛行機でしか行くことができません。多すぎる湖とツンドラに阻まれるからです。しかし、冬になるとちょっと事情が変わります。なんと、600km近くあるハイウェイが氷だけで作られるのです。しかもこのハイウェイ、燃料や物資を積んだ70トントラックの走行に耐えられるほど頑丈なんです。

Tibbitt to Contwoyto」というこのハイウェイは、重量貨物の運搬ができる世界で最も長いアイスロードとして知られています。本当に湖がたくさんあって、暖かい季節は迷路のようなこの地域も、冬の間だけ人間の知恵と忍耐によって車が通行できるようになります。起点のイエローナイフは日本でもオーロラ観光で有名ですよね。

NASAがアース・オブザーバトリーサイトに公開した最近のサテライト写真

どのように作られている?

ハイウェイを作っているのは、Nuna Logisticsというカナダの建設会社です。毎年1月になると、凍った湖の上にHugglundというスイス製の水陸両用トラックを送り出します。水陸両用なので、もしも氷が割れてしまっても湖に沈むことはありませんし、氷の厚さを検知するレーダーや雪かきもついています。

氷の表面から断熱効果のある雪が取り除かれると、氷はますます厚くなります。除雪車によって雪を取り除き 、さらに給水車で水をかけることで、アイスロードはますます頑丈になっていきます。

Popular Mechanicsの記事によると、アイスロードを建設する作業員は「20時間も続く夜とマイナス55度の冷たい風に耐えなければならない」のだそう。緯度が高いので、冬は日が短いんですね。このアイスロード建設は非常に危険な仕事で、除雪車が運転手ごと氷の下へと落ちることもあります。

でも2月になると、氷の厚さは1メートルほどになり、大きなトラックが通れるようになります。ただし、氷が割れるのを防ぐために、速度は厳しく制限されています。そして4月には、氷が薄くなりすぎるためハイウェイが閉じられます。

ただし、たとえ暖かくなっても、ハイウェイは完全に消えてしまうわけではありません。ハイウェイの氷は厚いので、他の部分と比べて溶けるのが遅くなります。また氷が日光を遮るため、湖の底はハイウェイがあったところだけ植物が生えず、夏になってもその面影を見ることができます。

アスファルトのハイウェイと同じように、氷でできたハイウェイも、地面に傷跡を残してしまうんですね。

Image by: NASA Earth Observatory

source: NASAPopular Mechanics

Sarah Zhang - Gizmodo US[原文

(山田まり)