自動運転相乗りタクシーで、都会の車の9割が不要に?

自動運転相乗りタクシーで、都会の車の9割が不要に? 1

たしかに、似たような移動してる人がたくさんいそう。

Uberが従来のタクシーに取って代わりつつありますが、それが自動運転車になれば、都市での移動はもっと大きく変わっていきそうです。さらに複数人で相乗りするなら、交通渋滞解消につながるのはもちろん、都市のあり方そのものが変わってしまうかもしれない…そんな新たな研究結果が出ています。

その研究は国際交通大臣会議で発表されたもので、ある壮大な仮定に基づいたシミュレーションの結果です。「もしあらゆる移動が、相乗り自動走行タクシーで可能になったら?」を予測してみたんです。すると、車は要らなくなるわ路上駐車もなくなるわという、都市の生活とか風景が今よりずっと快適になりそうな結論が出たんです。

具体的にどうなるかというと、まず相乗り自動走行タクシー(TaxiBotと命名)によって、ヨーロッパの中規模都市を走る車10台のうち9台をなくすことができるとされています。さらに路上駐車もなくせるので、モデルとなった都市だけでもサッカー場200ヵ所分以上のスペースを解放できたりします。さらにバスや電車といった公共交通機関のキャパシティも大きくなれば、TaxiBotの走る台数はラッシュアワーでも現在の車より65%少なくて済みそうなんです。

シミュレーションにあたり、研究者らはまずケーススタディ対象都市(ポルトガルのリスボン)での調査結果に基づいて、仮想の移動データ集合を作りました。ユーザーの移動開始/終了地点、移動の曜日や時間といったデータの組み合わせを、リスボンの規模に合わせて大量に作ったんです。そしてそれらを徒歩・公共交通機関利用・TaxiBot利用といった具合に割り振り、さらにTaxiBotの配車ロジックを作って、TaxiBot1台1台の最適な動きを計算しました。そんな段階を経て得られた結論が、「TaxiBotで都市が劇的に変わる」だったんです。

都会でタクシーの列に並んでると、ときどき「あー多分この人と同じ方面だな」って思うことがありますが、ただ思うだけで結局別々の車に乗ってます。そういう人同士を、タクシーとかUberだけじゃなくあらゆる移動に関して自動でマッチングしてくれる仕組みがあったら、たしかにかなりインパクトがありそうですね。

Uberはすでに自動走行車の開発を始めていて、この分野でグーグルと競合(または協力)していきそうです。アプリで車を呼ぶと無人のタクシーがすぅっとやって来て、適宜他の人と相乗りしながら、短時間・安価に行きたいところに行ける…そんな夢物語みたいな未来は想像以上に近いのかもしれません。

Image by Getty

source:Medium

Bryan Lufkin - Gizmodo US[原文

(miho)