運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch

運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch 1

Apple Watchに内蔵されているアプリのひとつに「アクティビティ」があります。これは、1時間に1回、1分の運動を促してくれる「スタンド」、1日の消費カロリーを記録する「ムーブ」、早歩き以上の運動量を記録する「エクササイズ」の3つのリングを表示するもの。

自分の目標数値を3つのリングで表示してくれる、Apple Watchのなかでもいちばんパーソナルなアプリです。

このアクティビティを使うためには、あらかじめ設定が必要です。設定してみましょう。

運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch 2

グランス」を表示し右から左にスワイプしていくと、「アクティビティを設定」と表示されますので、それをタップします。

運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch 3

アクティビティの機能解説が表示されたら画面を右から左にスワイプしていきます。そして解説の最後のページが表示されたら「さあ、始めよう!」をタップします。

運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch 4

お次は、性別や年齢などのパーソナル情報を入力します。各項目をタップして設定していきましょう。

運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch 5

設定後に「OK」。これを繰り返していきます。

運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch 6

設定を終えたら、「続ける」をタップしましょう。

運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch 7

次に、1日の目標消費カロリーを設定します。最初なので「少しだけ」をタップしました。

運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch 8

消費カロリーは微調整ができます。カロリーの値を決定したら「ムーブ開始」をタップ。

運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch 9

記録されたデータは、3つの円グラフで表示されます。これが1周すると、その日の目標は達成されたということになります。

運動不足を解消できるアクティビティの設定をしましょう #AppleWatch 10

アクティビティは、iPhoneにインストールされる「アクティビティ」アプリからも確認ができます。

これで運動不足が解消されればいいなー。

source: アップル

(三浦一紀)