パワポに続け! KeynoteがApple Watchに対応です

150422nkey.jpg

プレゼンはスマートウォッチでする時代?

アップルは先日iOS向けアプリのPagesやNumbers、Keynoteをアップデートしましたが、そのうちKeynoteがApple Watchからの操作に対応しました。

Keynote Remote」と名付けられたこの機能は、Apple Watch発表時にも話題になっていましたね。これを使えばいちいちPC前に戻らなくてもスマートウォッチでプレゼン操作が可能になるってわけです!

一方ライバルとなるマイクロソフトもiPhoneアプリの「PowerPoint」をApple Watchに対応させ、プレゼンの主役は俺だとばかりに譲らぬ構え。これからのプレゼンはマウスカチカチではなくスマートウォッチをスッスッとやる、それが当たり前になるかもしれませんよ。

source: Apple Insider

(塚本直樹)