え? きみのアウディ、ごはん炊けないの?

え? きみのアウディ、ごはん炊けないの? 1

しかも畳敷き!

アウディの持てる技術の粋を集めたフラッグシップセダン「A8」。ラグジュアリーで洗練されたドイツデザインと、アウディ独自の4WDテクノロジー「Quattro」をはじめとした走りに対するこだわり。その両方を兼ね備えたこの「A8」には非の打ち所がありません。

その「A8」には3.0モデルと4.0モデルが用意されているのですが、今回新たに「5.5」というモデルが限定で登場するようなんです。

え? きみのアウディ、ごはん炊けないの? 2

これがその「5.5(ごはん)」モデル。日本限定仕様です。日本の米食文化をリスペクトした結果、リアシートのコンソール部に専用炊飯器を搭載した意欲作。ただの炊飯器ではなく「羽釜の内部に激しい熱対流を起こすことで、芯からふっくらと、美味しいご飯を炊き上げます」という、ご飯のおいしさにもこだわった高性能モデルのようです。

機能だけでなく洗練されたドイツデザインにもこだわりをもつアウディは、内装にも日本へのリスペクトを忘れません。シートには、日本の風土に合った伝統的な床材「畳」の材料であるイ草を用いています。革と同様、時間がたつごとに良い感じにエイジングし「黄金色」に輝くシートになるというのが売りのようです。

え? きみのアウディ、ごはん炊けないの? 3

唯一残念なことは、このアウディ5.5モデルは市販されないということでしょうか。エイプリルフールのために用意されたこの挑戦的なモデルで、こだわり抜いたご飯を食べさせてもらうことはできないそうです。

どうしてもその空気感だけでも味わいたい場合には、ディーラーでこのサイトで使われている「しゃもじ」が4月1日数量限定で配っているとのことですよ。急いで!

source: Audi

(小山和之)