アップルロゴにオシッコかけるドロイド君がグーグルマップ上に出現!

150426googlemap01.jpg

ワーオ…。

グーグルマップではもはやおなじみになってきた、自己表現もしくは何らかの啓発活動。シンプルな絵柄で描かれたそれは国や文化を超えて広がり、何かを主張するには最適な場になりつつあるのか? グーグルマップ上のいたずら(にしてはかなり大胆)は後を絶ちません。

今回は何が描かれたのかというと、リンゴをいじめるロボットの図。そうです、AndroidのロボットがAppleロゴにオシッコかけてます…。この絵が描かれたのはグーグルマップ上のパキスタン、ラーワルピンディーの南あたり。しょんべん小僧よろしく堂々と用を足すドロイド君がはっきりと見れます。

もちろん、このOS対決の図はラーワルピンディーの土地に実際に描かれているわけでもなく、グーグルマップからはすでに消去されてしまいました

「我々は、今回の出来事に関連したアンドロイドの図を速やかにグーグルマップから消去した。」とグーグルはThe Guardianに伝えています。

まさかのAppleロゴにオシッコかけるという、とんでもない絵ではありましたが、なんとなく憎めないどころか親しみが湧いてくるドロイド君。その点から言えばこの絵、Android側を押し上げているようにも取れるのが不思議です。

実はこの絵から数マイル離れたTahkt Pariという森に、もうひとつ秘密のメッセージが隠されていました。「Googleマップメーカーの審査基準はクソだ」と、度重なるいたずらをバカにするかのような一言。本来ならユーザーで協力し合ってグーグルマップを最新の状態に保つためのものなんですけどね。それがこんなに何度もいたずらに使われるということは…。うーん、なんとも言えない。

150426googlemap02.jpg

image by Google

source: The Guardian , Team Android

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(SHIORI)