Apple Watch、水中で15分放置しても大丈夫だった

もちろん保証はないですが…

公式には防滴性能はあるけど防水性能はないよと謳われてしまったApple Watch。アップルのティム・クックCEOの「付けたままシャワーを浴びるよ」発言は一体本当だったのだろうか…と訝しんでいたところ、それを実験する動画が登場しました。

Apple Watch、水中で15分放置しても大丈夫だった 1

まずは泡まみれのシャワー。シャワーの後に水滴を拭うと…ちゃんと動きます! クックさんの言ってたことは嘘じゃなかったみたいですね。もちろんアップルが保証する使い方ではないのでお勧めはできませんが、万一Apple Watchを外すのを忘れてシャワーを浴びてしまってもそこまで心配する必要はなさそうです。

Apple Watch、水中で15分放置しても大丈夫だった 2

さらに実験はすすみ、プールで水中にApple Watchをイン。これはさすがにアカンやろ…と思いきや、タッチスクリーンは使えないもののデジタルクラウンは普通に使えています。さらに15分放置したあとも見た感じ特にダメージなしApple Watchの防水性能、思ったよりも高いかもしれません。

もちろんこれらの使い方はアップルが保証するものではないので、故障してもサポートが受けられない可能性は大。でも、水に浸かったら即壊れちゃう!ってほどにはヤワにはできていないみたいです。もしかすると、将来のモデルではきちんと防水性能が保証されるかもしれませんね。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)