Apple Watchをめぐる30の質問に答えて購入の迷いを吹っ飛ばそう!

2015.04.23 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150310-stainless.JPG


買うべきか、買わざるべきか。それが問題だ。

世はApple Watchの発売日を迎えて、いよいよ周囲でも腕にはめている人を目にする機会が増えてくることでしょう。予約開始と同時に、並んででも速攻ゲットする強い購入意思を持った人ならばいざ知らず、まだボクみたいに、買おうかどうか迷いに迷っているという人も少なくないのでは?

実は海外でも、すでにAppleストアで試着までしたにもかかわらず、まだ買うかどうか迷っている人は続出中のようですよ。そして、そんな迷えるガジェット好きのあなたを助けるべく、MyStatesman.comは、Apple Watchをめぐる15の「いいね」ポイント15の「ダメだね」ポイントを列挙した比較対象表を掲載。日本国内での評価のみならず、海外の辛口レビューは参考になるという人だっておられるはずです。

そこで、今回はApple Watchを購入すべきかどうかを徹底的に悩んでみようということで、日本の皆さまに向けて大幅にアレンジしながら、全30個のクエスチョンを並べてみましたよ。まずはご覧あれ~。


150309napplewatchsportprice.jpg


Apple Watch、いいね

1. いろいろ選べるのは好きですか?

Apple Watchは基本的に3つのエディションがそろっています。でも、同じ「Apple Watch SPORT」エディションのなかでも、どんなバンドを選ぶかでチョイスは非常に豊富です。iPhoneの本体デザインが、わずかなカラーバリエーションとストレージ容量の違いしかなく、結局は外見ではどれもそんなに変わり映えしないのとは大違い。あなたはどのデザインを選びたいですか? お金に糸目さえつけなければ、まさに無限大にも思える選択肢が広がっているのはすばらしいポイントでしょう。左利きの人のためにも、問題なく使える設定が用意されています。個性的なオシャレにこだわりたい人にピッタリのスマートウォッチですよね。

2. 美しいディスプレイは好きですか?

iPhoneのRetinaディスプレイの美しさに感動を覚えたというユーザーは少なくないでしょう。その同じような感動を、再びスマートウォッチでも味わってみたいという人に、Apple Watchは最適でしょうね。とても明るくて見やすい、鮮明なディスプレイと、タッチ操作へのレスポンスのよさだけでも、Apple Watchに満足することは間違いなしかも……。

3. Apple Payを使ってみたいですか?

すでにiPhoneでApple Payの快適さを堪能しているというユーザーもおられることでしょう。もちろん、最新モデルのiPhoneへ買い替えれば、だれでも使えるようにはなります。でも、たとえApple PayがサポートされていないiPhoneでも、Apple Watchとのペアリングさえできれば、腕時計をかざしてモバイル決済できてしまうスタイルにてApple Payが利用可能となりますよ。スマートウォッチでお支払いって、かっこいいんじゃない? そんな憧れがあるあなたに、Apple Watchは最高のエクスペリエンスを与えてくれることでしょう。

4. バンドでオシャレしたいですか?

Apple Watchのバンドは、だれでも簡単に取り外して付け替えられるようになっています。アップル純正のバンドも数多くそろっていますし、サードパーティー製の対応バンドも、これから豊富にそろってくることでしょう。ちょうどiPhoneがアクセサリーケース販売のビッグビジネスを切り開いたように、Apple Watchバンドという新たな市場が急速に立ち上がってくることも予想されます。その日の気分によって、自由自在に好みのバンドにスイッチしてはオシャレを楽しむ。そんなファッションセンスが味わえるのも、Apple Watchならではの大きな魅力となりそうですよ。

5. 高性能なスマートウォッチがほしいですか?

各メーカーから多彩な製品ラインナップがそろってきているとはいえ、まだまだスマートウォッチは黎明期にあるとも評されるでしょう。メインストリームな商品として普及するにはいたっていません。しかしながら、その駆け出しの段階にある全スマートウォッチモデルのなかで、総合的にベストなモデルはどれか? お値段のことは関係なしに選べるとすれば、Apple Watchを選ぶというレビュワーが圧倒的多数を占めています。とりあえずスマートウォッチのことはよくわからないけれど、買っておいて間違いがない良いものを教えて。そのリクエストに答えるとしたら、Apple Watchさえ購入しておけば、いまあるスマートウォッチとしてはベストな選択になりそうです。

6. いいアプリを使いたいですか?

いまでこそiPhoneでもAndroidスマートフォンでも、使えるアプリに大きな違いはないとまでいわれるようになりました。でも、昔はiPhoneユーザーにとって断然有利な状況が長く続いていたのを覚えておられますか? iPhone向けのApp Storeに、全世界からソフトウェア開発者が押し寄せて、優れたアプリで一躍スターダムにのし上がるべく激しい競争が~。その同じような波が、Apple Watch向けのアプリストアでも起ころうとしていますよ。だから、きっとほかのAndroid Wearプラットフォームのスマートウォッチよりも、しばらくは絶対的にApple Watch向けのアプリのほうが魅力的なものが豊富にそろう状況が続くことでしょう。いいアプリが使えるスマートウォッチがほしい。そんなあなたにも、Apple Watchはよい選択肢となるでしょうね。

7. Apple TVのリモコンがほしいですか?

あまり日本では波に乗り切れていない感がありますけど、Apple TVをバリバリと使っている人にとって、Apple Watchは最高のコンパニオンとなります。手元のスクリーンをササッとタッチすれば、視聴したいチャンネルを簡単に切り替えてはリモコン操作が可能ですよ。もうどこにApple TVのリモコンを置いたのか、いちいち探し回らなくてすみそうです。もちろん、同じことはiPhoneやiPadでもできるんですけど、スマートウォッチでテレビを操作するなんて、なかなかいいではありませんか!

8. 新たな出会いがほしいですか?

いま街をApple Watchをはめながら歩けば、きっとまだ目新しいので注目の的。カフェで気になる女の子と隣り合わせになったとしましょう。わっ、それってApple Watchですか? そんな気軽な会話からスタートする出会いの瞬間が、Apple Watchのおかげでたくさん生まれそうです。ボクたち、Apple Watchによって結ばれました~。そんな素敵な展開が、ただの妄想カップルに終わらないことを期待しますけど、いずれにせよ、話題のApple Watchが、見知らぬ人と自然に会話を始める糸口となることは間違いないのでは?

9. ゴツくないスマートウォッチがほしいですか?

スマートウォッチのなかには、いかにもガジェットを腕にはめていますというゴツいデザインのものも少なくないですよね。Apple Watchも、一見すると、例えば女性がキュートにはめることなんてできそうにないかな? そう思いがちですけど、いざ腕にはめてみると、驚くほどかさばらず、いい意味でゴツゴツしたデザインではないことに新鮮な感想を抱く人が多いようですね。意外とApple Watchのバンドの効果も大きく、さりげない腕時計として身に着けられるような設計となるよう、アップルが細部にまで心を配っていることに気づかされることでしょう。

10. プレミアム感を味わいたいですか?

すでにApple Watchは手に入りにくい状況です。予約開始から1週間で230万台を超えるオーダーが受け付けられたというアナリストの見方も報じられてきました。つまり、Apple Watchをはめていれば、もうそれだけであなたは最初に手に入れた優越感に浸れるというわけですよね。これから購入に走って、どれだけ早く実際に入手できるのかは定かではありませんが、早ければ早いほどよいでしょう。このまま需要に供給が追い付かなければ、あとでオークションなどで売るときにも、なかなか良い値がつきそうですよね。

11. 紛失しても探せる時計がほしいですか?

普通は腕時計を落としたり、どこに置いたのか忘れてしまったりすれば、次に自分が運よく在り処にめぐりあわない限り、ひどい場合は永遠の別れとなってしまいます。すぐに置き場所を思い出せればいいのですが、それがなかなか難しいんですよ……。そんなあなたにはApple Watchは最強の腕時計となることでしょう。iPhoneの置き場所がわからなくなった時に使う「iPhoneを探す」アプリケーションのような要領で、きっとApple Watchだって、すぐに現在位置を手軽に探索できるようになるはず。盗難時も慌てず再発見できるような機能が強化されてくるといいですよね。

12. 正確な腕時計がほしいですか?

別に正確さにこだわるのであれば、ほかにも数多くの選択肢はありそうですけど、Apple Watchの示す時刻は常に非常に正確です。アップルによれば、自動的に時刻を合わせる機能によって、標準時との誤差は常に50ミリ秒以内という腕時計の精度を誇りますよ。

13. 文字盤のデザインを変えたいですか?

もちろん、これもほとんどのスマートウォッチに共通の機能ではありますが、Apple WatchのWatch Face(文字盤)のデザインは自由に変更可能。すでに非常に豊富なデザインがそろってもいます。バンドとWatch Faceの組み合わせで姿形を変えるApple Watchのカスタマイズの可能性は、まさに無限大ともよべるでしょう。お好みのWatch Faceを見つけるだけでも、たくさんチョイスがありすぎて苦労するうれしい悲鳴が!

14. フィットネストラッカーがほしいですか?

ウェアラブルデバイスで、新しい健康管理を進めてみたい。そんな願いを抱いている人は少なくないようですね。Apple Watchならば、わざわざ別にフィットネスバンドなどを購入しなくても、これだけで歩数計から心拍数の測定まで、基本的なヘルスケアが行なえます。あまり長く机の前に座ったままだと、たまには立ち上がって運動してくださいだなんて健康上のアドバイスまでしてくれますよ。

15. iPhoneに縛られたくないですか?

iPhoneを片時も手離せない。iPhoneの画面を眺めていない時間なんて、もう数えるくらいしかない。そんなすっかりiPhoneに縛られた生活をしているユーザーは少なくないでしょう。でも、もうそろそろやめにしませんか? iPhoneはポケットやカバンのなかにしまっておくものです。これからは常に眺めるのはApple Watch。現在時刻を確認するためだけに、わざわざiPhoneへ手を伸ばすなんてナンセンスですよね。メールだって、SMSやLINEのメッセージだって、チェックするのはiPhoneではなくて、Apple Watchです。電話するのもApple Watchに話しかけましょう。Siriに質問を投げかけ、リクエストに答えてもらうのもApple Watchから~。これでiPhoneに縛られるライフスタイルとは決別ですよね。えっ、なんか違うかな?


140912_applewatchsurprise1.jpg


Apple Watch、ダメだね

1. 高い腕時計は嫌ですか?

Apple Watchは、とにかく高いです。その一言に尽きますよね。最低でも腕時計のために4万円を下らない出費だなんて、一般の人にはあり得ない世界ではないでしょうか。いままで腕に5万円はする時計を常にはめてきたなんて人ならばいざ知らず、さすがにApple Watchに支払うお金は、これまでの腕時計の予算としては足が出てしまうというケースが、世界の大多数の人々に当てはまることでしょう。これから腕時計には金を惜しまず、ちょっとしたブルジョア気分を味わうことにするという覚悟が決まらない人には、まだ高すぎて後悔が残る買い物になってしまうのでは?

2. フリーズするスマートウォッチでもいいですか?

Apple Watchの完成度は高いものの、まだ完璧というには程遠いという辛口レビューも出てきています。時に動作が遅れたり、止まっているかに見えたり、なんだかフリーズ状態に近い現象を示すこともあるようですね。きっとこれからソフトウェアのバージョンアップで解消されていく問題もあるでしょう。でも、その保証はどこにもありませんよ。ハードウェアの仕様がユーザーのリクエストに追いつかない……。最悪の場合、いつまでもフリーズと隣り合わせのまま使い続けなければならないスマートウォッチとなってしまう可能性もあるでしょうね。

3. バッテリーのもちが悪くてもいいですか?

これは当初からApple Watchの最大の弱点としても指摘されてきました。毎日必ず充電しなければ、基本的に使い続けるのが難しい腕時計ってあり? アップルは電池消費を抑えるPower Reserve(パワーリザーブ)モードであれば、最大で72時間の連続使用が可能とも発表してきました。でも、逆にバリバリとApple Watchを使えば、例えば連続通話なんて3時間ももたないレベルのバッテリーでしかないことまで明らかになっています。朝家を出てから、夜帰宅するまで、スマートフォンのバッテリーがもたないので対策を講じることに、ようやく慣れてきたという人だっておられるはずです。でも、同じことが腕時計にまで生じるとしたらどうでしょうか? そんな余分に手のかかるスマートウォッチでもかまいませんか?

4. そもそもiPhoneを使っていますか?

おっとっと、これは痛い質問です。Apple Watchを買いますか? その質問をする前に、そもそもあなたはiPhoneユーザー? Androidスマートフォンを使っている人は、もうその時点でApple Watchはアウトなんでしたよね。まずiPhoneに買い替えるという選択をしない限りは~。そして、たとえiPhoneユーザーであっても、古いiPhone 4iPhone 4sを使っているという時点でジ・エンドです。まずはApple WatchがサポートしているiPhone 5以降のモデルを手に入れてから考えてくださいね。

5. 太い腕には余分の出費でもいいですか?

Apple Watchの各エディションには、38mm42mmの2サイズが用意されています。太めの腕のユーザーは42mmサイズを選ぶしかなさそうですよ。あと少しでも大きめのディスプレイがいいという人も42mmサイズのモデルを選ぶことになりますが、そのときに跳ね上がる出費が痛いんですよね。腕が太いだけで、6000円も高くなるってどうなのよ? こんなことならば、シェイプアップして腕っぷしを強く見せようだなんて、ちょっと余計な努力だったのかもなぁ。

6. 安くて良いスマートウォッチは他にもあるのでは?

Android Wearのプラットフォームを採用したスマートウォッチにも、数々の魅力的なモデルがそろっています。例えば、丸い文字盤が特徴的な「Motorola 360」の評価は高いものがありますよ。そして、もっとも安いApple Watchの半額以下となる165ドルから購入できるようになっています。スマートウォッチの老舗となるPebbleからも、2万円台で購入できるモデルがそろっています。ただ自分はスマートウォッチがほしいだけなんだよね。もし、それが真実なのであれば、わざわざ高すぎるとまでいわれるApple Watchにしなければならない理由はどこまであるのでしょうか?

7. 小さな画面は使いにくいのでは?

少しでも大きなディスプレイをと願って、42mmサイズのモデルを選んだとしても、Apple Watchのスクリーンサイズ小さいです。これはスマートウォッチの宿命です。指先でお目当てのアイコンをタッチするだけでも、かなり慣れるまでは苦労するんですよね。もちろん、デジタルクラウンというApple Watchサイドのダイヤルを回せば、表示画面は拡大されますけど、スマートフォンやタブレットのようなイメージで操作できると思ったら大間違い。このイライラ感と上手に付きあっていく自信はありますか?

8. 改良版が出るまで待つのはいかがですか?

絶対に自分はアーリーアダプターになる。周囲のみんなよりも先に、なんとしてでも使いたいんだ。そういう熱い思いを感じられなかった人は、とりあえず来年まで待ってみてもよいのではないでしょうか? きっと1年後には、もっと初代よりも改良されたモデルが安くで手に入るようになりますよ。iPhoneだって、本当に使いものになったのは第2世代のiPhone 3Gからだったことを思えば、初期モデルは見送るという選択肢も十分にアリのように感じますけどね……。

9. Apple Watchに縛られたいですか?

きっとApple Watchによって、iPhoneを手にして眺める時間は減っていくのでしょう。でも、代わりにApple Watchに否が応でも縛られるようになるだけですよ。しかも、腕時計という常に肌身離さずはめておく存在なので、その拘束感はiPhoneとは比べ物にならないのでは? 次々と送られてくるメールやSMS、LINEのメッセージから、もうあなたは逃れられなくなることでしょう。もちろん、こうした通知をすべてオフにしてApple Watchを使い続けるという選択肢もあるにはありますが。

10. 見知らぬ人にまで注目されてもいいですか?

いまApple Watchを腕にはめて街を歩けば、周囲の人々の注目を集めてしまうことは必至です。おっ、あれが噂のApple Watchか。そうつぶやく人の声が、必ず耳に入ってくるはずですね。望みもしないのに、見ず知らずの人から話しかけられて、ねぇねぇ、それってどう? そんな会話がスタートしてしまうことも避けられないでしょう。こんな平穏なリアクションであればよいほうで、Apple Watchほしさの犯罪に巻き込まれてしまう心配とかは大丈夫でしょうかね? iPhoneが出始めたころは、iPhoneのひったくり事件なども多数報じられていました。さすがに腕に身に着けているので、簡単には奪い去れないでしょうけど、変に周囲の注目の的となって、平穏に生活できなくなったりしたら嫌だなぁ。

11. そもそも腕時計って必要ですか?

携帯電話が普及して、使わなくなってしまったもの。それが腕時計ですという人は少なくないのでは? 時間なんてスマホをみればいいでしょう? そうやって腕時計をはめないライフスタイルになってきた人が増えたともいわれてきました。では、また今度は常に腕に時計をはめる生活パターンへと逆戻りするのでしょうか? どうして再び腕時計を使い始めないといけないのかな? その疑問の答えが出せない人は、Apple Watchに手を出すのはやめておいてもよいのかもね~。

12. いますぐに使いたいのですか?

もうすでに発売と同時にApple Watchを手に入れる手段は非常に限られてきています。ひどい場合だと、どんなにがんばっても、数か月は待たされるのが関の山という国だってあるようです。つまり、いますぐに使いたいものとしてApple Watchを検討する段階は、残念ながら、時すでに遅しとなりつつあるのです。この先は、何か月待っても買いたいという強いモチベーションが持てないと厳しくなっていくのかもしれませんよ。

13. フィットネストラッカーがほしいだけですか?

Apple Watchが健康管理に重きを置いていることはわかっています。でも、もし優れたヘルスケアバンドがほしければ、もうすでにFitbitJawboneなどのメーカーが、これまでに何度も改良を遂げてきたモデルを多数そろえています。フィットネストラッカーとしての性能だって、こうした単体の製品のほうが高精度であることは間違いありません。おまけにはるかにApple Watchよりも安くで手に入りますしね。

14. 本当に未知の新商品を使いたいですか?

アップルが新カテゴリーの製品を大々的にリリースするのは、初代iPadが発売された2010年以来とだけあって、Apple Watchの注目度は非常に高いものがあります。もうiPhoneにもiPadにも慣れてきて、なにかアップルに革新的な発表を求めてきた人にとっては、5年ぶりのメジャーリリース! でも、いまだに実際にどこまでApple Watchが本当に使いものになるのか? その詳細なレビューはあまりそろっていません。Apple Watchは、まだ海のものとも山のものともわからない状態なのです。だから、もう少し評価が定まってきてから買うほうが安心という人は、現段階では早すぎて不安かもしれませんね。

15. 悩むのはお好きですか?

さてさて、ここまでApple Watchをめぐる数々の疑問点を読み進めながら、買うべきか、買わざるべきかの迷いを解くべくがんばってきたものの、なんだか結局は余計にわからなくなってしまった。そんな迷えるあなたは、きっとこうして買うのか、買わないのかと悩むことも楽しみの1つなのでしょう。いざ買ってしまったら、こういうモヤモヤ感もワクドキ感も瞬時に消え去ってしまいますからね。そして、もう二度と購入する前の自分には戻れなくなってしまうのです。ここはこれから始まるApple Watch狂騒でも眺めつつ、とことんまで悩み抜くのもよいではありませんか……。


source: MyStatesman.com

(湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Navitech London Apple Watch 用チャージャースタンド/チャージドック/充電スタンド (ウッド茶)
  • Navitech
  • Apple Watch 液晶保護フィルム [ 2015 アップルウォッチ 対応 ] 自己吸着式 紫外線カット 透明度99%加工 スレキズ・割れ防止 SCREEN SHIELD コーティング スクリーンシート【画面平面部保護】 (38mm)
  • MY WAY STORE
・関連メディア