100万円超のApple Watch Edition、中国では予約開始から1時間以内で完売

150413-Image3.jpg

なんということでしょうか。

「1日しかバッテリーが持たない腕時計なんて」「100万超えのスマートウォッチだなんて」とdisなコメントも多かったApple Watchですが、いざ手につけてみるとみんな惚れまくり。編集部内では買うことが前提となり、あとはどのモデルにするか論争が巻き起こりました。

そして全世界で同時間帯に予約が開始されましたが、中国においてはApple Watch Editionの8モデル中5モデルが予約開始後1時間で売り切れるという事態に。記事執筆中の現在では、Apple Watch Editionの発送タイミングが全世界のApple Storeで6月となっており、調整がされた様子がうかがえます。

他モデルと違って大量に生産するアイテムではないし、少数の初期ロットの転売を企んでいる業者がクリックしたとか、そもそも予約数を絞っていた可能性も考えられます。だとしてもこの事件って、富裕層をターゲットにしたニッチビジネスにおいて中国市場が熱いということを意味しているのではないでしょうか。

source:Business InsiderRecord China

(武者良太)